2010年06月29日

あるんだ、こういうの

DSCF4275.JPG 「四苦八苦・・?」
posted by 山口屋散人 at 16:18| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

晴登雨浴

何もなければ、晴れりゃ山登りかヤブ歩き、雨が降れば風呂浴びに。
(け〜ばなんてやっている暇がねぇー、・・と言いながらやってる)

昨日の雨は飯舘村のきこり(岩盤浴がお気に入り)まで。

DSCF0179(1).jpg DSCF0181(1).jpg

     猫

駐車場の鉢植えの南天の花が咲いた。

DSCF0186.jpg
posted by 山口屋散人 at 21:03| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

今年度 G1 11戦目

00377.jpg

メジロライアンという馬がいた。
かの馬が勝ったG1はこの宝塚記念だけだ。
しかし、種牡馬になってメジロドーベルとメジロブライトというG1馬を
世に送り出した。

種牡馬は何か勲章がなければならない。
不良馬場のダービーで泥んこになって勝ったロジユニヴァース、これだけでは
ダービー馬と認知はされにくかろう。
もう一つ、勲章を。
さほど期待されていないこの春のドリームレースを勝てば、改めてこの
馬を見直すはずだ。

ブエナビスタの父、スペシャルウィークはふらふらした馬だった。
何回も不調説が流れながら、ふらふらしながら勝った。
その娘は孝行娘だが、どこかで「燃え尽き症候群」にならないか。
海外遠征の疲れとその後のG1勝利の反動は、この時に出るかも。
馬券的には切り。

てなことで、
Hロジユニヴァース から馬単で
  
Aアーネストリー
Eセイウンワンダー
Iジャガーメール
Lフォゲッタブル
Qドリームジャーニー  これでどうでしょうな?
posted by 山口屋散人 at 23:59| Comment(0) | けーば | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

この場合はノングラータ

P6191289.jpg

街中で減少の一途を辿っているというスズメに、少々「子供手当て」を
支給しているのだが、ご近所の猫の狩猟本能を刺激してしまったらしい。
猫は好きなのだが、この場合は困った。
posted by 山口屋散人 at 17:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

隔世の一子相伝

P6121232.JPG 「ニギリ矢」と刻印があるアルマイト製。

何に使ったのかよく分からないが、多分調味料(塩とか砂糖)の入れ物か。
プラスチックなんか無かった時代のものだ。

娘が祖母宅から「きゃわいいー」ともらってきて、使うそうだ。
二世代を経ると、そういうことになるらしい。
posted by 山口屋散人 at 21:34| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

笹の葉採りに

どうも笹の葉が小さくて端午の節句に間に合わなかったので
そろそろ良いかと笹の葉採りに午後から微温湯方面へ。

DSCF0152.jpg

例の三十三観音の七番札所の白津観音の前を通るのでお参り。

P6201321.jpg P6201324.jpg

ここの池にはモリアオガエルが生息しているらしい。
それらしき卵がぶら下がっていた。

     犬

ところで方向違いだが、微温湯へ向かう前に例の中沢不動尊の滝を
見に行ってきた。
運悪く通り雨にあってしまい、着く前に木下で雨宿りをするはめに・・
(家に戻ろうかと思うぐらい濡れたぁ・・)

実はサニパン氏も午前中にここを訪れたらしい。

E7D008679.jpg(サニパン氏の画像)


P6201305.jpg(同じ滝を撮った小生の画像)

う〜ん、小生のは雨に邪魔されたとはいえ、同じモノを撮ったとは思えん・・
posted by 山口屋散人 at 17:41| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

訂正 さらに訂正

AP6131244.jpg

4人の人間が写っている・・なんて言ったのに、二日経って8人に訂正した。
さらに一日経ったら、あらら二人増えて10人になってしまった。
(いったい何処を見て写真を撮っているのやら・・)

1234P6131244.jpg 56P6131244.jpg 778910P6131244.jpg
posted by 山口屋散人 at 20:58| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

田部井さんのロッジ

午後から沼尻スキー場の麓にある田部井さんのロッジに出かける。

お風呂に入るのと、田部井さんがエベレスト登頂などで使用した備品の
展示室があるというので、見学、いや見物に。

ついでに足慣らしをかねて、沼尻鉱山跡までぐるっと一周する。

P6131246.jpg P6131265.jpg P6131241.jpg

左端の沼尻鉱山跡を俯瞰する画には、これでも人間が4人写っている。
右端はついついノンキな山歩きは目が欲張って・・
真ん中は、これぞ「足湯」

       犬


田部井さんのロッジは沼尻高原ロッジという。
この名前を忘れて、タベイタベイと頭にあると探しにくいかも。
(沼尻スキー場のリフト乗り場のすぐ近くにある)

DSCF0142(1).jpg DSCF0136.jpg

展示室をパノラマで撮ってみた。

WDSCF0140.JPG

お風呂の画像は残念ながら他の人がいたので撮りそこなう。

右斜め下追記 6/16
  
  4人の人間が・・と書きましたが、原画を詳細に見ましたらナント
  8人の人でした。
  正確にはさらに一匹の犬がリックから顔を出しています。
posted by 山口屋散人 at 04:42| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

都会人よろこぶ

DSCF0135(1).jpg

都会に住んで40年あまりの友人を破竹採りに連れていった。

彼、思いのほか よろこぶ。
我、古里の恵に よろこぶ。
posted by 山口屋散人 at 21:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

二つの失策 ふたつめ

福島市の景観100選」なんていうのを見ていたら
あら?いつも通っている13号線のすぐ近くに滝があるじゃんよ、となった。

nakasawataki.jpg

中野橋からチョット下流でそんなものがあったのか。
ちーっとも知らんかった。ついでの時に行ってみよう・・と思っていた。

大滝ー赤岩道を探索した帰りがけに、寄ってみることに。

中野橋を渡り、すぐ左へ折れる。
通称、中沢不動尊の滝と言われているらしいので、近くまで行けば
何らかの案内板が当然あるだろうと思った。

しかし見つからない。
まさか何軒かある民家の軒先を下りていく・・?
うろうろしていると例の吊橋が見えてきた。
13号線のくだもの屋の近くにある吊橋の反対側である。

DSCF4266.jpg DSCF4253.jpg DSCF4257(1).jpg

この吊橋は芋畑橋というらしい。
ペンキのはげた看板は、どうせ通行禁止と書いてあるのだろうと思ったら
歩行者以外は禁止するというものだった。(つまりは通行可?)
もう何年も使われていないと思うのだが、隣の許可証は平成16年から
平成26年までの物。何なんだべ。

中沢不動尊の滝があまり有名でないのは、降りるに降りられない所に
あるせいなのか・・だから案内板も危険だから出さないのだろうか・・
ひょっとしたら、この橋の中ほどから見えるのか・・?

なんて考えながら、降りるとしたらこの橋のたもとから・・だなと判断。
ちょっと降りてみた。

とてもじゃないが危険きわまりない。
ロープを使えば何とか・・でも川に降りても移動できるとは限らないし・・。

上を見上げると、吊橋の裏側が見えた。
けっこうしっかりしているじゃん。まだまだ使えそうだ。
(ちゃんと整備すれば通行料を100円くらいとれるかもよ)

DSCF4261(1).jpg

結局、降りるのは断念。吊橋の裏側を写真に撮って撤退〜!

   犬

家に戻ってから、もう一度HPの地図をながめると、やや・・!
矢印が川の方向を指していない・・。

どうも最近、チラッと見ただけで「あぁそうか」と間違った判断をくだして
しまうのが増えたようだ。ダメだな〜と猿でも出来る反省をする。
posted by 山口屋散人 at 21:51| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

二つの失策 ひとつめ

昨年の11月に大滝から赤岩までの古道を探索した。
一応ラインとしては踏破したのだが、前半の峠までの登りの部分が
どうもしっくりこない。そのため一度逆に辿ってみたいと思っていた。

午後から単独で出かける。
11月の時とは様相がまったく違ったので、菱川林道と交差した地点を
気づかずに通り過ぎてしまった。
戻ろうかとも思ったのだが、何年か前にこの先まで走った時、大平地区を
俯瞰できる場所があったので、そこまで行ってみることにした。

DSCF4235(1).jpg

土砂くずれのため、ここでストップ。途中で大平を見下ろせる地点を
探しながら来たが見つからなかった。

DSCF4237.jpg Dark-2.jpg

そこからは谷あいにまだ残雪の山が見られる。家形山から大日岳あたり?
GPSで後でここはどこか調べるべくロケートする。
通れないのは仕方が無いが、いや300米もバックで運転するはめに。
(これは失策ではなく単なる不運)

DSCF4248(1).jpg

こんどは慎重に運転しながら林道との交差点を見つけ、車を置く。
峠までは30分とかからないだろうと見て、2時間で片がつくという予定。
ところが道に迷い、2時間さまようことになってしまった。(甘くみた失策)
ま、地形図とGPSはあるが、出すまでではあるまいと判断。
ようやく道の痕跡に行き当たる。
が、日没時間も気になるし、疲れ果てたので、GPSでこの地点を登録して
戻ることにした。

途中までは、はっきりとした痕跡があり、尾根筋に出ると微妙?になったが
尾根から外れなければ問題あるまいとウルイを採りながらのノンキな下山だった。

林道近くなってから沢を横断しなければならないのだが、見覚えのない
地点で横断。そこで道を見失う。
あれ?と思い、強引に西へ少し登ると昨年辿った道の途中に出た。

どこで違ったのかなと怪しんだが、家に帰って引き返した地点を特定して
はてな?となった。
道の痕跡を発見し、引き返した地点は、昨年の探索ルートと別なのである。

Dark-1.jpg


GPSは故障ではなさそうだ。
緯度経度の数字を読み違えているわけでもない。
地図とGPSの測地系は間違いない。
う〜ん、なんだべ? もう一本別にある・・?

posted by 山口屋散人 at 22:56| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

G1 10戦目 現在2勝7敗

yasudakinen.jpg

安田記念は相性ソコソコ。
ただし今回はお気に入りの馬が何頭かいるので、こういう時は私情が
入って当たらない。

お気に入りの馬と仲良く心中。

頭はNトライアンフマーチ
以下、紐は  Aスマイルジャック (70倍)
         Bアブソリュート  (265倍)
         Jマルカシェンク  (536倍)
         Kライブコンサート (771倍)
         Mマルカフェニックス(144倍)

ま、これで2勝8敗だな。


右斜め下後日記
 
 順調に8敗目。過去記事をめくってみたら、今年のG1は1戦2戦のみ
的中で、その後は8連敗だった。

総括してみると、投下資本 → 10,100円 配当金  → 25,820円 
まだ余裕・・
posted by 山口屋散人 at 21:48| Comment(0) | けーば | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

上腕骨外側上顆炎

「じょうわんこつがいそくじょうかえん」と読むらしい。
簡単に言うと「テニス肘」と言うんだそうだ。

jouwann.jpg

去年の暮れあたりから左ヒジの調子がおかしい。
痛みがあり、重いものを持つことができない。
たいがいの場合、ほっておいても治るのだが、いつまでも治らない。

その話をしたら、実はF班長もそうだと言う。
やはり左ヒジで、雑巾が絞れないという。
しかも時期も同じ頃から始まっている。

ま、体のあちこち壊れてくる年齢ではあるが、よりによって二人して
左ヒジがおかしくなるとはどういうことだろう。
二人ともヤブ歩きはするが、テニスなんぞはしない。
ということは何かの祟りか?
去年の暮れ近くに行った所を思い出しながら、だとしたら、あそこだ・・
などという話になった。

BDSCF3691.jpg

信夫山の金山跡に行った時のことだ。
説明しにくいがちょっと異変があった。
異変は小生に起こったのだが、F班長にも影響を及ぼしたのかも知れない。

(その時のことはまたいずれ)
posted by 山口屋散人 at 09:02| Comment(3) | 雑事 | 更新情報をチェックする