2010年06月26日

今年度 G1 11戦目

00377.jpg

メジロライアンという馬がいた。
かの馬が勝ったG1はこの宝塚記念だけだ。
しかし、種牡馬になってメジロドーベルとメジロブライトというG1馬を
世に送り出した。

種牡馬は何か勲章がなければならない。
不良馬場のダービーで泥んこになって勝ったロジユニヴァース、これだけでは
ダービー馬と認知はされにくかろう。
もう一つ、勲章を。
さほど期待されていないこの春のドリームレースを勝てば、改めてこの
馬を見直すはずだ。

ブエナビスタの父、スペシャルウィークはふらふらした馬だった。
何回も不調説が流れながら、ふらふらしながら勝った。
その娘は孝行娘だが、どこかで「燃え尽き症候群」にならないか。
海外遠征の疲れとその後のG1勝利の反動は、この時に出るかも。
馬券的には切り。

てなことで、
Hロジユニヴァース から馬単で
  
Aアーネストリー
Eセイウンワンダー
Iジャガーメール
Lフォゲッタブル
Qドリームジャーニー  これでどうでしょうな?
posted by 山口屋散人 at 23:59| Comment(0) | けーば | 更新情報をチェックする