2010年07月31日

びんごー

DSCF4316.jpg

昨日から作業開始。(5分で飽きる)

本日もお店が暇になってから作業・・というか作戦を練る。
予想をたてて何百番台かを攻める・・とか・・一の位を残して
十と百の位を動かした方が良いのか・・とか。

どう回しやすいのか研究のためガチャガチャやっていたら
偶然にビンゴー

所要総時間 10分 あっさり決まるときは決まるものだ。
posted by 山口屋散人 at 15:32| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする

キュウヒャク99通り

山歩きをしていると、その状況により 「うへぇ、一眼レフ持ってくるんだった・・」
と思う事あり。
しかし、写真を撮りに山へ行くわけではない。
ついでに撮るだけで、それがメインではない。
それに、どうやってお安くないカメラを持って行くんだ・・という問題もある。
    
    猫

カメラリュックがあれば良いかと考えつく。
通常の荷物も入り、カメラも安全に携行できれば、うん、いいかな。

    犬

ヤフオクで、ハクバ製の中古を見つけた。
例によってタバコ10箱分くらい。
送料手数料含めても12,3箱か。  ・・・競争相手無く落札。

DSCF4300.jpg DSCF4314.jpg DSCF4308.jpg

届いたら、思ったよりデカイ。
外観からすると35〜40リットルのバックパックの感じ。
ま、使ってみんべ。

    満月

リュックを一通り検査してみると、あらら・・ダイヤル錠が・・
アクセサリーみたいだが、開錠できれば、使えるかも・・

で、出品者に何番で開くのか問い合わせてみた。
すると「子供がやったらしく、そのままに出品してしまったが
何番だか分からないので、気長にテレビでも見ながら楽しんで
もらえないか。最悪でも999通りです。」 だと。

と言う訳で、最悪999通りに向けて苦戦中なり。


猫 (組合せは000から999まで。10x10x10であるから1000通りが正解)

posted by 山口屋散人 at 00:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

おチューゲン

DSCF4297.JPG

金力も権力もまして社会的地位などがある訳でないので、中元もお歳暮も
ほとんど関係ない。ま、こちらからやることも無い。

唯一、取引業者さんから頂くことはある。
この業者さん、以前はでっかいハムを三つももらって、わが家では食べ切れず、
誰かもらってくれる人を探すありさまだった。

それが、年を経るごとに質が落ち、数が落ち、ついにはサラミになってしまった。
う〜ん、不景気が長すぎる。
posted by 山口屋散人 at 23:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

おやつ

DSCF4296.JPG

プリンを凍らせると、なんとアイスクリームになる。
けっこういける味で、このごろのオヤツはこれ。
ただし、どちらが安いのかは知らない。

同じように、ゼリーを凍らせると、まるでアイスシャーベットになる。
こっちは若干高上がりになるかも。
posted by 山口屋散人 at 21:22| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

史跡けんぶつ

少し時間が出来た。
かと言って、この暑さでは山登りはきつい。まして藪コギなどとんでもない。

こういう時は史跡けんぶつ。
近いわりになかなか行けないところをめぐってみることに。

P7251355.jpg P7251358.jpg P7251366.jpg

寛延の三義民の一人、齋藤彦内の墓所をけんぶつ。
墓所内は齋藤の墓も多いのだが、家紋が見たことの無いものだった。
わが家も齋藤ながら、まったく縁の無い齋藤のようだ。

P7251367.jpg

訪ねたわけではないのだが、走っていたら目に入った。
ここが処刑された場所らしい。
すぐ脇を車が猛スピードで走りぬける。

P7251370.jpg P7251372.jpg P7251374.jpg

どうしてお寺でもないようなところに伊達家の先祖の墓があるのか、よく
わからん。民家の間をすり抜けるようにして、在る。

P7251380.jpg P7251383.jpg

50万年前に福島盆地が陥没した時の残丘とのこと。
蓬莱団地と卸団地は迷うので入りたくないのだが、この時に。
なるほど、石ヶ森と名がつくわけだ。
posted by 山口屋散人 at 19:15| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

モノ

DSCF4293.jpg DSCF4294.jpg

人が通ったあとはモノが落ちている・・いや、モノが落ちているところが
人が通ったあとだ・・だったかな。(某作家の言葉)

隣のマンションのゴミ置き場。
ときどきは役に立つモノも捨ててある。
今日のこれは、酔っ払いのしわざか?
posted by 山口屋散人 at 22:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

Who are 通報者?

DSCF4289.jpg DSCF4290.jpg

店の向かって右側にある電柱の際が陥没した。
ここ一ヶ月くらい前のことだろうか。
別段、支障はないので、ほっておいた。

夕方、黄色い回転灯の車がやってきて、作業を始めた。
何事かと顔を出すと、「ここを埋めに来ました」という。

「よく気が付いたね」と言うと 「通報があったんです」とのこと。
我が店の前だが、通報などはしていない。
「こういうのって、どこに連絡すんの?」と聞くと市の道路管理課だという。

通報はありがたいことはありがたいが、大きなお世話・・というより
誰か監視でもしているみたいで、良い気がしない。

「そういう通報をするマニアというか、オタクみたいなの、いるのかね?」
と聞くと、そういうわけではないという。
おそらく、関係者とか、元関係者だろうという。
現役職員であったり、関係のあった元職員などがよく知らせてくれるそうだ。

なるほどね。そんなら良いか。
そういうネットワークも社会の安全弁の役割を果たしているのかもね。がってん!
posted by 山口屋散人 at 17:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

売るの売らないの?

fukusimakennnokinndaikaisann.jpg

地元紙に載っていた。
「福島県の近代化遺産」(福島県教育委員会)

この本、300冊を各図書館等に置く・・なんて言っているが、売らないのけ?
どうも記事の内容その他からも非売本みたいだ。

売れば2000冊は無理でも1000冊くらいは売れるだろうによ。(小生は欲しい)
そしたら印刷経費くらいは出て、300冊くらい公共図書館に配られるんじゃないの?

(県の教育委員会には民活的な発想は無いんですな、やっぱ)

posted by 山口屋散人 at 00:42| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

引き換えてきた。



DSCF4286.JPG

先日の話。
6月も下旬になったので、発行元へ「出来ましたか?」と電話を
いれた。(6月の下旬発行予定だった)
すると、6月30日が発売日だという。
「実は出来てはいるんですが・・」とちょっと歯切れが悪い。
交渉しだいでは何とかしてもらえそうだったが、急ぐものでもない。
「御社の都合にあわせますよ」と電話を置いた。

一昨日、元まちセンのH氏が来た。
「例の本、一週間ほど前に手に入れましたよ」という。(え〜!?)
郊外の某書店で普通に買えたというのだ。 (う〜ん、ちと口惜しい)

   犬

FAXで送られてきた予約引き換えの紙をもって、発売日から4日目の今日、
自転車で3分(隣町なのだ)の発行元へ。
同じ著者の別な本が並んでいた。 
『福島の歴史 ウソとホント』
この本は持っていないので、ついでに購入。
合計4000円。(予約特価2500+1500)
財布を広げて千円札を4枚支払ったら、残りは30円だけだった。
ヤバ〜。
posted by 山口屋散人 at 21:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする