2010年08月31日

おんせん代金1100円

P8291573.jpg DSCF0231.jpg

出だしは順調。

DSCF0236.jpg DSCF0258.jpg

ここから雨に遭遇。
くろがね小屋までの数十分、雨にぬれる。

塩沢温泉 → くろがね小屋 → 奥岳温泉 という温泉トライアングル。

くろがね小屋(入浴料400円) + 塩沢温泉(700円) = 1100円 という道中。
posted by 山口屋散人 at 09:01| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

かいびゃく以来にどめ

DSCF0223(1).jpg DSCF0224(1).jpg

トータルで13台が駐車可能なのだが、小生のチョロQを除いて、他の車ゼロ。
つまり、朝、小生が停めるまではほんの少時間だったろうが、全車分が空だったのだ。
この駐車場が出来てから7〜8年経つが、これで二度目である。極めて珍しい事だ。
posted by 山口屋散人 at 21:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ひしょ

思うように時間がとれない。
あまりの暑さに午後から友人を誘って浄土平にでもと、半そで半ズボンの
格好で出かける。

P8221453(1).jpg P8221457(1).jpg P8221485(1).jpg

吾妻小富士に登るのは実に30数年ぶりのことである。
当然一周めぐる。
今年は出かけられないせいか、足が弱っている。
下りてくる時になって右膝に痛みが出た。やばい。

P8221486(1).jpg

小富士山頂にいる時から気になっていたのだが、「ゴォ〜!」というように
突風の塊りが吹きぬけるような、または上空に飛行機が飛んでいるような
そんな音が間断なく響き渡っていた。どうも一切経の噴煙の音らしいのだ。
昨年は感じなかったのだが、何故今年は・・ 大丈夫かなと思ってしまう。

P8221491(1).jpg P8221494.jpg

普段は上から見るだけの桶沼や評判の高い吾妻小舎、野営場などを
見物することに。

P8221497(1).jpg P8221500.jpg

野営場というのは単に広場になっているだけかと思っていたら、離れ座敷
のような按配になっていた。

P8221506.jpg P8221510(1).jpg

P8221513.jpg P8221516.jpg P8221520(1).jpg

桶沼は水辺まで行けるのかと思っていたら、そうではない。
見えるところも限られている。大事な水源でもあるせいだろうか。

P8221541(1).jpg

帰りは土湯へと下りた。
磐梯山のシルエットが「おいで」と呼んでいる。

posted by 山口屋散人 at 04:19| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

いいざか古道

飯坂インター近くの団地に住む友人を頼って、飯坂古道を案内してもらう。

P8161436.jpg

歩いている道の隣に同じ高さで料金所があるというのは不思議な感覚。
このインターのお陰で、方向感覚が狂わせられる。どっちに歩いているのやら。

P8161443.jpg P8161442.jpg

どうやらこれが飯坂古道らしい。
狭いわりに車がやたらに通る。ゆっくりと歩いてはいられない。

P8161439.jpg P8161444.jpg

よく見る香積寺の石碑群。さらにこれまた有名な道標がさりげなく、そそっと
角地に建っていた。

P8161441.jpg P8161447.jpg

星の宮神社まで歩いたところで、げんなり。あぢ〜!
「戻るべ」と衆議一決。
その先をちろっと見ると、福島北高校の校舎が見えた。
幹線道路から外れているせいか、実は見るのが初めてだ。

P8161448.jpg

次回は高石仏板碑群を見物しようと思うが、こう暑くては。

友人宅まで戻ったら、聖光学院が5−2で勝ったところだった。よく勝った。
posted by 山口屋散人 at 18:48| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

墓地山から

P8141419.jpg

義父が眠る墓地からの風景。
阿武隈川がのどかに見え、変な場所からだがお気に入りでもある。

P8151430(1).jpg

亡父の実家の旦那寺から望む福島市街地。
昔は中合のミサイルタワーがよく見え、子供心にずいぶんと
遠くに来てしまった・・と情けない気がしたものだ。
今は「蒸し暑そ〜」としか見えない。

   犬

後で思い出した。
今日は我輩にとって、ある意味において記念日だった。
今日の終戦記念日は、小生のサラリーマン生活の終戦記念日でもあったのだ。
ちょうど30年が過ぎた。
30年の歳月は永い。穴に入りたいほどの失敗の連続だったが、
今、こうしてブログのタイピングなどをしていることが出来るという事を
感謝しなければと、オモウ。 (合掌 ありとあらゆるものへ合掌・・)



posted by 山口屋散人 at 19:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

うう・やられた・・

P8131406.JPG

「夫婦けんかでやらっちゃんだべ!」などと喧しいが、ちがいま。

洗面所のドアにぶつけたんざんす。(今日で3日目)
ぶつけたのは眉のところなんだけど、瞼が腫れて、ついにこれ。
やだね、酔っ払いは。
posted by 山口屋散人 at 21:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

まいか

DSCF4325.jpg

街中散歩用のショルダー型カメラバッグを今度は慎重・・に選択。
ロープロ製の割には小生の財布でも届くし、大げさでないのも良い。

しかし、蛍光灯の下で撮ると色が変だ。
WBを色々と変えながら、次々と撮ってみる。

DSCF4326.jpg DSCF4327.jpg

DSCF4330.jpg DSCF4332.jpg 

DSCF4335.jpg DSCF4336.jpg

どれが本物の色か分からなくなってきた。
カタログでは「マイカ」となっているので、ま、いーか。
posted by 山口屋散人 at 22:45| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

熱気のなかで

DSCF4317.jpg aDSCF4317.JPG

何か身につまされる・・ような気がして撮ってみた。よく写らない。

DSCF4324.jpg

待望の雨は良いけれど、10分間だけじゃ、かえってムンムンになるだけ。
しっかりと降ってくれ。
posted by 山口屋散人 at 15:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ちゃくちゃくと てーたいと

DSCF0199(1).jpg

福島市役所の新庁舎建設、ちゃくちゃくとすすんでおますな。

DSCF0201(1).jpg

それにひきかえ、当店向かいの料亭跡地に建設中のマンション、お客さんが
「一体いつになったら出来るの?」とあきれて言う始末。
そんなことを聞かれても、当店では分りませぬよ。
ま、とーぶんの間、出来そうにはありませんな。
posted by 山口屋散人 at 16:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする