2010年12月13日

宮城県 丸森町 立石を見物

阿武隈川の下流であるせいか、他県という感じがしない宮城県丸森町。
ここに立石という天然記念物がある。
それを見物すべく木の葉が落ちるこの時季まで待っていたのだ。

DSCF0388.jpg DSCF0389.jpg

どうにか羽入の集会所までたどり着く。
ここから奥に入る。
目指すは中央に位置する山ではなく、右側のさらに奥のうねりらしい。

DSCF0391.jpg DSCF0392.jpg

歩き出すと、獣の罠のような鉄製のものが眼に入る。
どう見てもよくテレビなどで見る罠のようだ。しかし、何の動物? いのしし?
そうではなく、熊らしいのだ。阿武隈川の東に位置するこの町で、熊・・?
さらに奥に行くと、また二台あったので、深刻そうである。

DSCF0394.jpg DSCF0395.jpg

林道と分かれて右折する。ここまでは普通の歩き。

DSCF0396.jpg DSCF0398.jpg DSCF0388.jpg

どんな山でも歩き出して20分くらいはきつい。
体が慣れるまでもなく、急登を強いられる。
休み休み、呼吸を整えてあえぎながら登る。

DSCF0404.jpg PC122268.jpg PC122271.jpg

稜線上にこんな大石が直立しているというのは、それなりに見ごたえがある。
予備知識がなければ度肝をぬかれそうな大石である。
posted by 山口屋散人 at 00:40| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする