2010年12月14日

お散歩のついでに

どこかに行く場合、できるだけ通ったことのない、空いている道路を選ぶ。
そして興味を引かれるようなものに出会ったら、出来るだけ停まり、見物する。


丸森町までの往路は阿武隈川西岸沿いの国道349を通る。
初めての道ではないのだが、このお地蔵さんには初めて気が付いた。

DSCF0386.jpg DSCF0384.JPG

舟運が盛んだった歴史があるのだから、それにまつわる諸事件がたくさんあったに違いない。
そのなかの一つとして、「泣き地蔵」というお地蔵さんが後世に伝わる。


復路は阿武隈川東岸沿いの道を選ぶ。
この道はダート部分こそ無いが、時々とんでもなく狭い道が続く。
ただし対向車は極端に少ないから、その点は良い。

ここでは百合沢という所で、弁天様と不動尊をまつった神か仏か分らないような・・
ま、鳥居があるから神社なんだろうな、というのがあった。
ここの弁天様は大変な目にあっているらしい。
あちこちで災害に遭い、転々とした苦労人(?)だ。

DSCF0428.jpg DSCF0422.JPG

ここに手水舎があり、硬貨が入っている。

DSCF0427.jpg DSCF0425.JPG

この手水舎は金運の泉という名が付いているらしい。
さりげなく書かれた由来書きが、その気にさせる。
財布から5円玉を取り出し、水中から別な5円玉と取り替える。

小生に金運を呼んでくれる5円玉はこれ。

DSCF4665.jpg

posted by 山口屋散人 at 21:05| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする