2010年12月20日

福島通検定試験余話

DSCF4670(1).JPG

第三回目で最終回である福島通検定試験の人気がないらしい。
申し込み期間を延長して、受験者増を待つとのこと。
これが選抜試験であれば、受験者が少ない方が喜ばしいが
認定試験であるので、合格には無関係である。
しかし、やはり大勢で受けたほうが面白いのは確かだ。
(小生は既に申し込み者115人の一人である)

だけどなー。
「特に学生などの若者に受けてもらいたい」との談話にはカチンときたね。
小生ごとき年寄りは歓迎されないということか!(プンプン!)
そう女房どのに話したら、
学生服着て試験受けてきたら?」だって。

(押入れに高校時代の学生服がまだある。下駄はいて行ったろかい)
posted by 山口屋散人 at 09:04| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする