2011年04月24日

歳々年々と震災の跡

今年はどうするか迷ったが、こんな物を採りに行ってきた。

DSCF2120.jpg DSCF2147.jpg

今年初めてショウジョウバカマも見ることが出来たが、何だ?というものもあった。

DSCF2121.jpg DSCF2125.jpg

遠回りして下山すると、あらら・・ガレキの山。
多分一時的だろうけれど、ガレキ置き場の一つになっているらしい。

DSCF2141.jpg DSCF2145.jpg
posted by 山口屋散人 at 22:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

約50年ほど前の万世大路二ッ小屋隧道の姿

元国交省に勤務され、現在の栗子ハイウェイ工事に直接かかわった鹿摩氏から
今村昌平監督作品である「赤い殺意」(DVD)をお借りすることが出来た。
(鹿摩氏は現在万世大路研究会で活躍されており、先日は二ッ小屋隧道の氷柱見学にも
参加して下さった)
調べてみると1964年6月、東京五輪の年の封切りである。
ということは多分1963年から1964年の冬にかけての景色でありそうだ。

さて、「赤い殺意」のDVDであるが、小生の苦手なモノクロの暗い画像の映画である。
陰影を尊ぶのは良いが、鑑賞には疲れるものだった。
しかし、映画史的には非常に評価の高いものではあるのだ。

これを何とかして(二ッ小屋隧道)の部分だけ取り出せないだろうかとやってみたが
小生の力量では如何ともしがたいので、直接ビデオカメラで撮っちゃうことにした。

安物のカメラであるので更に画像は悪いのだが、50年前の二ッ小屋隧道が、しかも
冬景色のものを見られるということで、ご勘弁を。




犬猫 追記


上の動画をアップして気がついたのだが、「赤い殺意」を14に分割して載せている方がいた。
こちらのほうが鮮明であるので、リンクさせてもらう。

posted by 山口屋散人 at 00:37| Comment(4) | 福島 | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

三春町の滝桜へ その2

歴史民族資料館をあとにして裏山を登り、更に下ると福聚寺が見えてくる。
あの玄侑宗久さんのお寺だ。

P4172594.jpg P4172597.jpg P4172600.jpg

なななんと、本堂近くに玄侑宗久さんが居たので、断って写真を撮らせてもらう。

P4172602.jpg P4172605.jpg P4172603.jpg

玄侑宗久さんの愛車をパチリ。ボルボがお好きのようだ。

P4172607.jpg

小生、玄侑さんの本は10冊くらい持っている。(小説は一つだけ)
その印税があのタイヤの切れ端くらいにはなっているな・・などと思った。

また山を登り返すのも気が重いので、ブラブラしながらグルッと大回りすることに。

P4172608.jpg P4172612.jpg P4172614.jpg

裏道こそ、その町の本当の姿が見えてくるというものだ。

P4172615.jpg P4172616.jpg P4172617.jpg

玄侑宗久さんに思いがけず遭遇したので、滝桜はどうでも良くなった。
が、家人が是非にと言うので渋々そっちの方面へ。
そもそも行ったこともないし、こんな時でもないと咲いている時には来られ
ないから出かけてきたわけである。

P4172623.jpg P4172643.jpg P4172631.jpg

行列の出来ている店があった。何だと思ったらソフトクリーム屋さんだった。

P4172624.jpg

枝垂れ桜の番付があった。
それによると玄侑宗久さんの福聚寺が大関でランクインしている。

P4172622.jpg

帰りがけ、二本松の合戦場の桜も足を伸ばして見てくる。

P4172659.jpg P4172665.jpg

何か腹いっぱい桜をはじめとして諸々見物してきた一日だった。
放射線も多分いっぱい浴びてきたのかな・・そんなの関係ネェー!けどね。

posted by 山口屋散人 at 22:32| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

三春町の滝桜へ その1

お花見の気分にはイマイチだが、放射能が怖い年齢でもない。
こういう時は普段行けない所・・例えば三春町の滝桜なんか空いているだろうと
何となくアヤフヤな目標をたて出かけてみることにした。(17日)

高速道路を使うような野暮なことはしない。
車の少なそうな田舎道を選んで、何かあるとひっかかりながら行く。

DSCF2102.jpg DSCF2100.jpg DSCF2101.jpg

DSCF2104.jpg DSCF2105.jpg DSCF2106.jpg

P4172581.jpg P4172580.jpg P4172583.jpg

三春の町に入るのは31年ぶりである。
駅舎はまるで変わっていた。向かいの食堂もない。町全体が綺麗になった感じ。

DSCF2107.jpg

町役場の駐車場に車を置いて、先ず歴史民族資料館(300円)へ。

P4172587.jpg P4172585.jpg P4172588.jpg 
posted by 山口屋散人 at 08:42| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

ユキツバキ

P4092560.jpg

お客さんから戴いた。庭で咲いているそうだ。
「ゆきつばき」だとか。
家人はもの凄く喜んでいた。
さっそくあちこちに飾るためにAーでもないKOーでもない。


・・・妙に反響があった。
普段余計なことは何も言わない四十代男性のお客さんが「いいね、これ・・」

六十代女性には「わー、ありがとう!」とお礼まで言われ、こちらが驚。

そんなに良いのならと、写真に撮っておこうかとやってみたが
うまく撮れない。そのなかではこれが一番マシ。

・・・何なんだろう?
放射能に関係なく無心に咲く花に心を動かされるのだろうか。

福島県は原発のお陰で、落ち着かなく居た堪れない日々が続く。




posted by 山口屋散人 at 23:31| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

そろそろ困ってきた

DSCF4722.jpg(震災直後のそば釜。中のお湯がここまで減った。)

そろそろ一月が過ぎる。
ガソリンも石油も並ばずに手に入るようになった。
食材屋さんも肉屋さんもそば粉屋さんも配達してくれて、取りに行かずともすむ。

問題は鰹節。
取引先は二軒。石巻市のM社と塩釜市のA商店である。
両方とも被害を受けた。
特に石巻市の方は、まったく連絡がとれず、生死さえも不明である。
(塩釜市のほうは再開にむけて奮闘中とか)

代替の利くものと利かないものがある。
鰹節であれば何でも良いわけではないので、困ってきた。

ともあれ、30年来の取引先である石巻のM社さん。
社屋に常駐しているはずの会長さんはうまく避難出来ただろうか。
posted by 山口屋散人 at 19:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする