2011年07月10日

菅野作左衛門の墓

1702年、板倉重昌(天草の乱で討死)の曾孫である板倉重寛が、やっと城の
ある領地(福島分で26500石)を拝領し、喜び勇んで初のお国入り(1704)となった。
その時、伏拝の坂で待ち構え、直訴におよんだのが菅野作左衛門である。

義人と称される人は多いが、一揆の指導者というのではなく、この菅野作左衛門
のような単独犯?は珍しい。(直訴はご法度、内容原因はともかく処断される)


顕彰碑は渡利の仏眼寺にあるのだが、彼の墓の所在が分からなかった。
ものの本には『渡利山之内』にあるとされるのだが、その山之内が現在の住居表示
には存在しないのである。
仏眼寺の近くには山之入という地名があるので、この近くかと漠然と思っていたの
だが、同じ渡利でも数キロ離れた立子山に近い地区だった。

福島街角の信仰」というブログを書いているfukutanさんのお陰で分かった。

早朝6時、仕事が休みという気楽さから、ちょっと出かけてきた。

P7103107.jpg P7103114.jpg

P7103120.jpg P7103124.jpg P7103128.jpg
posted by 山口屋散人 at 19:32| Comment(4) | 福島 | 更新情報をチェックする