2011年09月26日

魔女はご機嫌ななめ

DSCF2365.JPG

朝から快晴。
・・ところが、どっこい。
山の天気は変わりやすい。

せっかく兵子まで出かけたのに、何も見えず、雲の中だった。

hyokko.jpg

まあ、不機嫌でも魔女の瞳に会えただけで良しとしよう。

posted by 山口屋散人 at 16:32| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

さてと、今週は

先週のお散歩のテーマは、寛延の三義民の一人、蓬田半左衛門の墓を探すこと。
名代官と名高い寺西封元の墓を訪ねることの二つだった。

寺西代官の墓は桑折の無能寺を訪ねればよいだけの話。
ついでに見事な松にも御目文字した。

義民半左衛門の墓は難敵。ぐるぐると廻るはめになった。
そもそも雨模様の中、歩いている人などいないので、聞くに聞けない。
小さな案内板があったので、やっと分かった次第。

P9190100.jpg P9190111.jpg P9190121.JPG

P9190129.jpg P9190142.jpg P9190159.jpg

P9190167.jpg P9190189.jpg P9190192.jpg

P9190209.jpg P9190218.jpg P9190228.jpg

保原陣屋の門だったという長谷寺(ちょうこくじ)の山門は一見の価値ありだった。

さて、今週の天気は? 何して遊ぼうか。
posted by 山口屋散人 at 06:32| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

だめだこりゃ・・

DSCF2356.jpg DSCF2359.jpg

娘が仕事場から借りてきた線量計。
家の中のパソコンの前で、この値。

月下美人が咲いていた辺りは 2.0μSv/h を軽く超える。

こりゃあかんわ。このまま成仏しよ。
posted by 山口屋散人 at 16:55| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

月下美人のお出まし

P9140077.jpg 14日の朝   むっ!

P9150081.jpg 15日の朝  むむっ!

P9150088-1.jpg 15日の夜  やっ!

P9160090.jpg 16日の朝  ややっ!
posted by 山口屋散人 at 07:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

半年が過ぎ・・

P9110075.JPG

この数ヶ月、食卓の上に置きっぱなしになっている。
何故かというと、賞味期限の日付があの震災のあった日であるからだ。
さすがにだいぶ変色してきたような気がする。

このジュースを買い込んだのは震災の一月ほど前だった。
賞味期限が迫っている「訳有り商品」として某サイトで安売りされていたのだ。
同じく自然水も箱売りで手に入れていた。

お陰で震災後、水道が止まっていた10日間あまり飲料水だけは確保できた。
女房どのは、それを忘れないように・・ということで、この一本を飾っておく・・
・・のだと思う。
そして、せっせとボトル水を買ってきてはキープに余念がない。
ちなみに水だけでなく、ティッシュp、トイレットpの類も溜め込んでいる。(^_^;
posted by 山口屋散人 at 08:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

本年の仕事を一つ終える

P9110031.JPG

岳父の13回忌。
菩提寺は、霊感が強いことで知られる尼さんが住職を務めている。
平安仏教独特の面倒さが残る宗派ではあるが、慣れればどうということもない。

この住職さんには一般人が出来る、厄災を避ける方法、悪霊を除く方法を教わった。
ただし、未だに実践したことはない。
posted by 山口屋散人 at 17:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

良いような悪いような

DSCF3728.JPG

我が愛機、オリンパスE-520を修理に出した。
先日、岩場でスッテンコロリンをやってしまい、液晶部分がダメになったのだ。
カメラ用リュックに入れて背負っていたのだが、小生の体重が相当かかった。
お陰で小生は怪我なくすんだのだが、リュックの中のカメラはそうはいかない。
緩衝材に守られているといっても、人間に乗っかかれては無事である訳はない。
恐る恐る取り出してみると、とりあえず外傷はない。
だが液晶部分に無理な圧力がかかったらしく、電源を入れると赤白の光線が
走るだけとなった。 ぎゃォー!
シャッターは切れる。オートフォーカスも動作音がする。連写も可能。
カードに記録もできる。どうも液晶だけやられたらしい。
といっても液晶がなければどうしようもない。


昨日夕方、メーカーに修理見積もりのため、宅配便で送り出したのだが
早くも今日の昼には携帯とPCに結果を知らせるメールが来た。
で、気になる見積もり額は?

00112.jpg 00110.jpg

修理するか止めるかの判断するラインを大幅に下回ったので、即修理依頼。
しかし、液晶部分の部品代って、こんなものなんですな。

posted by 山口屋散人 at 16:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする