2011年11月28日

危うく遭難しそうになった

天気がよろしい+ひま=どっかに出かけるか・・と
現在時間(正午)から日暮れまでの時間を計算。
今の季節が最適で、手軽なところは・・と。


とりあえずF班長の携帯にメールを送る。
「暇なら畳石山のお地蔵さんでもどーだす?」
F班長も乗ってきた。


お地蔵さんに会いにいくのも三度目だ。
だいたいの地形は頭にある。
それを頼りにして、コンパスとGPSロガーは
持ったが地図は持たなかった。
五感を磨くつもりもあり、なるべくコンパスは
出さないで勘を頼りに歩いてみることにする。
前回の雪の中で迷ったところに出たら後でロガーで
確認するつもりもあった。
多分、今回も同じ間違いを犯す可能性がある。

場所はきぼっこの森の東屋から直線的にピークをめざし、
ピークから「半バ右向ケ右ィ〜!」くらいの方向で
下がって上がったところにあるはず・・

ところが、やはり方向がずれて、前回雪の中を迷った時と
同じ地点にたどり着いた。
素直に元のピークに戻ってやりなおす。

今度は無事にお地蔵さんに到着。
大きいお地蔵さんは、前回十分に観察したが、小さい方は
よく見ていなかった。
何か書いてないか、落ちた頭部はその辺りにないか探す。

PB270910.jpg PB270928.jpg PB270932.jpg

頭部は見つからなかったが、右側に文政三△△とあった。
また裏側に井上△△と人名のような刻みがある。

大きいお地蔵さんは天明二年(1783)とあり、小さい方は
文政三年ならば1820年で、37年後に建てられたということになる。

天明の大飢饉直前に建てられた大地蔵さんと、江戸後期の
町人文化の爛熟期、化政文化ともいわれる時期の小地蔵さん。
この二つのつながりはわからない。
井上というのが姓だとすれば、姓を持つ階層の人の建立となる。
分らないことだらけだが、大地蔵さんは二百年以上ここに立っている。
小地蔵さんも、もうすぐ二百年だ。


PB270921.jpg PB270916.jpg PB270934.jpg


さて、問題の帰り道である。
F班長が聞く。
「ここから道の駅の方角は?」
小生、自信をもってストックで西北西を指す。
では、ここから西に向かって直進したのち北上しよう、となった。

実はこの西北西は間違いで、西南西が正しい方向だ。
つまり45°位の方向間違いということになる。

最初のうち、地形は思い描いたような通りのものだった。
ただピークの形が違うことに気がつく。。
左へ来すぎたか(南に寄りすぎたか)と思い、右へ右へと
(徐々に北に向かって)コースをとる。

きぼっこの森がいつまでも見えてこないので、あせってきた。
どうということのない野山ではあるが、日暮れまであと1時間もない。
日没との競争だった。
(この日に限って懐中電灯の用意が無いときた)

あるはずのない沢も渡った。
蔓が歩行を邪魔して時間をとられる。
完全に迷ってしまったらしい。
吾妻、安達太良の山並みでも見えれば、大体の位置がわかろうが
樹木に阻まれて見えない。

時折、マフラー改造のバイクの騒音が聞こえる。
そう遠くないところに道路があるはずである。
この時ばかりは、ちょっと有難い騒音だった。

そうするうちに荒れた工事作業用道路らしきものに出る。
藪を歩くよりは格段に速いので、その道を登る。
どこかに出てくれないかと祈るような気持ちだった。
すると、やっとのこと舗装された道路にたどりついた。

その時、この道路は道の駅から岳温泉へと行く国道であろうと
信じて疑わなかった。
従って北方向へ歩くと、何と新旧の115号線の合流する場所に出た。
まるで、逆方向だ!何でだ?!
どこかでワープして連れて来られたような気分だった。
時間は4時を回っていて日暮れまであと僅か。
危なかったが、騒動にならずに済んだ。

新旧、どちらのコースが道の駅に近いのか、地図がないので
わからなかったが、安全策をとり、新道を歩いてもどる。
アホくさい歩きだが、10分前の身の境遇から比べれば贅沢は言えない。

g畳石山お地蔵さん.JPG

いやはや藪歩きは何があるか分らないから好きなのだが、これには
久々に焦り、マジで五感をフル稼働させる結果となった。
「なめたらアカンぜよ!」という天明のお地蔵さんの声も聞こえてきた。


この日の他の収穫=野うさぎ一匹に遭遇。(一羽だったね)
この日の歩行距離=約8km
この日の上り累計高度=約450m 同じく下降累計高度=約450m
posted by 山口屋散人 at 17:59| Comment(3) | 福島 | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

昨日のこと

先週に藪歩きをしてきたので、今週は特に何の予定もしていなかった。
名所旧跡めぐりも、一段落・・の気分だし、競馬で時間をつぶすのは
もったいない。

高速料金が無料なのをいいことにして、女房どのが学生時代を過ごし
た仙台市のアパートでも訪ねてみようという話になった。
35年ぶりである。
当時は中山ニュータウンといったような記憶がある場所で
ひな壇型の宅地をあちこちで造成、売り出し中であった。

00003.jpg

結果、まるで分らない。
ぐるぐるとめぐりめぐったのだが、どの通りにあったのか、風景がまるで
違うので通りすら特定できなかった。

  犬


福島市に住む、その学生時代の友人から「りんご」が届いた。
その友人の友人がりんご農家で、もらってきたとのこと。

DSCF2385.jpg DSCF2381.jpg DSCF2387.jpg

落下したリンゴは売り物にならないのだそうだ。
また鳥がついばんだような物ほど美味しいという。
食べてみたが、確かに「美味しい」
これほどのリンゴがタダで入手できる福島は、まこと果物王国なり。
posted by 山口屋散人 at 09:30| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

栗子の山はまたしても

一等三角点の栗子山に登ってから5年ほど経つ。
その時は霧雨とも小雨ともつかない雨にたたられた。

今回もまた、曇りで気がつくと衣服がしっとりとするような霧雨だった。
それでも稜線に出ると、福島も米沢も見ることができたのは僥倖と言うべきか。

ともあれ、予定時間は大幅に遅延したが、全員無事で何よりの結果だった。

万世大路、栗子隧道山越えのひとコマ。


(参加メンバーの方にはノーカット版を後ほどご案内いたします)
posted by 山口屋散人 at 16:00| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

大滝は大滝宿と言って良いのか?

福島市から13号線を山形方面へと向かい、福島県側の最後の集落跡が大滝である。
正式には福島市飯坂町中野字大滝となる。

福島市民に大滝のことを説明するのには「大滝宿」と言う方が分かりやすい。
小生など何の考えも無く多用するのだが、はたと気づいた。
ここ何年か、大滝出身の方々と交流が増えたのだが、その方々は「大滝宿」とは
決して言っていないのだ。
大滝出身の方は単に「大滝」もしくは「大滝集落」とその故郷を呼ぶ。


大滝は万世大路の開削と共に明治初期に開拓された集落であり、確かに当時は
旅人宿や運送業が主要な産業であった時代はある。
が、奥州街道○○宿といった江戸時代から続く宿場町ではない。

ootaki3.jpg

どうも、廃村以後に観光業者の建てたこの看板(近年まであって、13号線を通ると
いやでも目に付いた)に江戸時代からの宿場町と刷り込まれたのではないだろうか。


ともあれ、大滝集落のあらましの地図は「わが大滝の記録」さんに詳しく、何回も現地に
お邪魔もしているのだが、小生の頭の中でイマイチ位置関係がきちんと整理されて
おらず、こんな動画を作ってみた。



この動画を作った時は、大滝宿と言っていて何の疑いも持たなかったので、タイトルも
大滝宿となっている。
posted by 山口屋散人 at 08:48| Comment(10) | 福島 | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

無目的に北へ

見物の旅は探し物の旅でもあるので、どうしても目的以外のものがあっても
それにカカズルワケには行かないことが多い。
何かあると、それにヒッカカルという無目的な「お散歩」ということで
進路を北にとる。


PA300838.jpg PA300846.jpg PA300862.jpg

蔵王町の白石川の小野さつき殉職の地に、再びやってきた。
かっせわしい4号線のすぐ近くではあるが、ここにくると大正年間の、のどかな
風景を想像することが出来る。
ハクチョウの飛来地にもなっているらしい。
ここに子供達を連れて写生に来て、事故は起こった。
対岸の東北本線の上下線トンネルがよく見える。
貨物列車がたまたま通りかかった。
大正時代、一日に何本の列車が通るか知らないが、これを見せに来たのかな、と
ふと思った。


PA300874.jpg PA300877.jpg PA300879.jpg

竹駒神社に来た。
由来はともかく、なんでこの地にこんなでっかい神社が出来たのだろうか?
伊達領地には塩釜神社もあるし、大きい寺院もある。
62万石って、やはり凄いのか。


犬

大河原町のホームセンターに入ってみた。
大手のチェーンであるので、福島と変わらないかと思えるのだが、随分と違う。
見かけない物があるので、ヒマを喰い、しかも散財。
食品スーパーとかDIY店などは、その地域特性を写す鏡のようなものなのかも。
posted by 山口屋散人 at 08:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする