2011年11月08日

大滝は大滝宿と言って良いのか?

福島市から13号線を山形方面へと向かい、福島県側の最後の集落跡が大滝である。
正式には福島市飯坂町中野字大滝となる。

福島市民に大滝のことを説明するのには「大滝宿」と言う方が分かりやすい。
小生など何の考えも無く多用するのだが、はたと気づいた。
ここ何年か、大滝出身の方々と交流が増えたのだが、その方々は「大滝宿」とは
決して言っていないのだ。
大滝出身の方は単に「大滝」もしくは「大滝集落」とその故郷を呼ぶ。


大滝は万世大路の開削と共に明治初期に開拓された集落であり、確かに当時は
旅人宿や運送業が主要な産業であった時代はある。
が、奥州街道○○宿といった江戸時代から続く宿場町ではない。

ootaki3.jpg

どうも、廃村以後に観光業者の建てたこの看板(近年まであって、13号線を通ると
いやでも目に付いた)に江戸時代からの宿場町と刷り込まれたのではないだろうか。


ともあれ、大滝集落のあらましの地図は「わが大滝の記録」さんに詳しく、何回も現地に
お邪魔もしているのだが、小生の頭の中でイマイチ位置関係がきちんと整理されて
おらず、こんな動画を作ってみた。



この動画を作った時は、大滝宿と言っていて何の疑いも持たなかったので、タイトルも
大滝宿となっている。
posted by 山口屋散人 at 08:48| Comment(10) | 福島 | 更新情報をチェックする