2011年12月30日

らいねんの目標

酒量を2割カットしよう。
(安物4Lのブランデーで一月持つようにしよう)

山に行く前の日は酒を飲まないようにしよう。
(最近、皆に遅れをとっているし・・うぅ)

PCに触っている時間を半分にしよう。
(無駄に遊んでいる、一日1時間以内にしよう)

酒飲みながらの読書から、お茶飲み読書へ少し移行しよう。
(ちょっと硬い本も読もう)

真向法をさぼらないでちゃんとやろう。
(腰痛→真向法→改善→サボリ の繰り返しを止めよう)

雨の休日はお掃除と図書館へ行こう。
(掃除も図書館も先送りをしないようにしよう)

体重をあと5キロ落して走れる体になろう。
(食べ物に卑しくなって腹が出てきたのを何とかしよう)

え〜と、あと何だべな?

と云うことで、今年もお開きにいたします。
訪ねてきてくださった方々に、厚く御礼いたします。
ありがとうございました。
posted by 山口屋散人 at 20:16| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

それにしても切ない

DSCF2438.JPG DSCF2441.JPG

壊滅的に被災した石巻のかつおぶし屋さん、いつもは日捲りのカレンダーなのだが、
今年は「あの日を忘れない」ということで、このようなものを作ったとか。

それにしても切ないカレンダーだ。
どうしていいのか分からない。
posted by 山口屋散人 at 19:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

はんぶん調達

arimakinen.jpg

どうも12月に入ってから、前のめりの生活が続いている。
それが後半の連続酒飲み会に入り、体調最悪になってしまった。

有馬記念など何年も当たったことがない。
謂わば相性の悪いレースなのだが、体調の悪さが力みを失くしたせいか
珍しく当たった。
これでこの間のパソコン代の半分は調達出来た。あと半分がんばろう。
posted by 山口屋散人 at 19:45| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

塩釜まで

DSCF2422.jpg

仙台東部道路を通るのは二度目である。
前回は震災後まもなくの5月で津波の爪あとに眼を奪われていたせいか、
全く感じなかったのだが、お天気が良いせいもあり、何でこんなに
広いんだとちょっと感動してしまった。
あらためて、仙台平野だったな、と思ったのは四方を山に囲まれた
福島に半世紀以上も住み、あまり遠出をしないせいかも知れない。


目的地はここ、塩釜の仲卸市場。

PC181117.jpg PC181133.jpg PC181130.jpg

年末のせいか、賑わっていた。
このところ、観光客が戻ってきつつあるとのこと。


思いがけずに一足も二足も早いお花見も出来た。

PC181164.jpg PC181169.jpg PC181174.jpg

塩釜のイオンタウンにも行ってきた。
あのyoutubeで有名な津波の映像が撮られた場所である。

pPC181233.JPG



posted by 山口屋散人 at 08:33| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

ブルー

DSCF2413.JPG

最近、お出かけにビデオを持つことが多いが、編集してレンダリングするのに
ボーダイな時間がかかる。
シングルプロセッサ1.6G メモリー1.5G のsharp2007年製のノートでは性能が追い
つかない。おまけに間の抜けたようなvistaだし・・

intel core i7 とはいかなくてもi3 かi5あたりの物で、メモリーを積んでいる物、
win7なら尚結構・・と探してみる。

DELLの法人向けのNOTEに訳あり新品同様というのがあった。
i5でメモリー4G HDD320G win7なら文句はない。
要らないWEBカメラや指紋認証までついているが、3万円代なら何とかなるだろうと、
酔った勢いで購入。


WIN7にはすぐ慣れたし非常に快適に動く。
多分動画の編集ソフトもサクサクと動いてくれるだろうと期待。
来月のカードの支払いまで、競馬で一発当てなくちゃならないのが、ブルー。
posted by 山口屋散人 at 20:40| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

かべがみ

PC111102.JPG

地図と競馬新聞は無限に読める、と確か推理作家の石川某が言っていた。
同じ理由でパソコンの壁紙は遠景にしている。
ノートはずっとお気に入りの「魔女の瞳」の画だが、自宅のPCは月替えである。
一月に一度は大体出かけているので、何とかなる。

市内から見る吾妻小富士から一切経、家形山に連なる吾妻連峰はうっすらと
雪景色で、澄んだ空気の中、朝陽を浴びているところなど見事である。

わざわざ寒い思いをして阿武隈川対岸にでばったのだが、あいにくの雲。

白鳥のいる親水公園は大型バスが4,5台止まっていた。
餌やりが禁止されていても大したものだなと思ったら、人間がいない。
バスの待機場所になりさがったみたいだ。

福島第一原発近くの野生動物はどうしているのだろうな、と思った。
posted by 山口屋散人 at 07:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

災害グッズ

DSCF2409.jpg

ホームセンターで手に入れた物で、所謂災害グッズである。
小さい方は手回し充電でLEDライトと携帯電話の充電が可能。
大きい方は手回しと光とで充電が出来、LEDライト、AM、FMラジオが
使え、携帯電話の充電も可能なものである。
この手の物は、中国製の安物ですぐ壊れるというイメージがあったのだが
しっかりとした造りで、ラジオなどは感度も良好である。
さすがに被災地には変な物は置けないのだろう。
それほど高価ではなく、両方合わせても、3500円くらいである。
小さい方は山歩きの時、持って行くと便利そうだ。
posted by 山口屋散人 at 05:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

地デジ化終了

DSCF4889.jpg

ホームセンターの3980円の物を都合三台。
接栓を新たに購入したのを入れても、13000円余。
やってみれば簡単だった。


猫


DSCF4887.jpg  nDSCF4887.JPG

店に張り出したポスターを見ていたら、ちょっと違うんじゃないかと思いだした。
「がんばろう」の文字に違和感をおぼえたのだ。
で、イタズラをしてみた。(図画工作は不得意中の不得意、汗)
posted by 山口屋散人 at 21:50| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

北辰の碑と岡部大壇愛宕神社

遠くに出かけるばかりが能じゃないので、近くでまだ未見のものを見物に行く。

明治と年号が変わる歳に、此処が北緯38度であるという石柱碑を建て、ついでに
日時計にしてしまった板垣という地元学者がいる。
よく写真では御目文字しているのだが、現物は見たことが無い。

その碑がある福島市鎌田舟戸の諏訪神社を調べてみると、なんと4号線のすぐ脇にある。
八反田川に掛かる橋のたもとで子育て地蔵という看板が目立つ場所だった。
ここは地蔵堂だとばかり思っていたが、実は神社が家主でお地蔵さんが店子。

PC040959.jpg PC040946.jpg PC040956.jpg

PC040960.jpg PC040966.jpg

ちなみに正確に北緯38度はどの辺かというと白石駅のあたりである。
地球規模や時代からすると約30Kの違いは微差というべきなのか。


次いで、阿武隈川を渡り、岡部の愛宕神社へと向かう。
ここはこの間通った時に見つけていた。
ただ道が狭いわりに交通量が多く、うっかりしておれない所だ。
周囲に駐車するような所はなさそうなので、神社のすぐ脇の道を突っ込んでみたら
裏に集会所のスペースがあり、そこに停められた。

PC041036.jpg PC041022.jpg PC041026.jpg

阿武隈川の氾濫に備えて、避難場所として築いたものだそうだが、思ったより小さい。
そしてあまり高くない。数メートルの規模に見える。
今年は巨大津波の映像を見たせいかもしれないが、川の氾濫などには十分なのかも。

しかし、これを築いたのは古川善兵衛とのことであるが、善兵衛は前年に死んでいる。
すると善兵衛の後任の代官の事績となろうものだが、はて後任って誰だっけ?

名工の山口村、藤原右源次の手になるものとのことであるが、ちょっとそれはない。

PC041030.jpg

もちづり観音の多宝塔を作ったような工人が、こんなものを作るはずがない。

PC041027.jpg

周囲に銀杏の樹があるらしく、実を踏み潰して歩かねばならない。
例年であったら、こんなことはないであろう。
今年は採取する人がいないのだ。
東京電力の罪は重い。
posted by 山口屋散人 at 06:15| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする