2012年01月05日

さすがに若い

このところフィルムスキャナーを探していた。
昔の撮った写真をデジタル化したいと思ったのだ。
ところが、どうもピッタリしたのがない。

スキャナーはほとんど使わないので、フィルムスキャナー専用機でも良いのだが、
学生時代に使っていたワンテンカメラのネガが使えなかったりする。

画素数、DPI 共に不足気味だが、安いのが取柄で、駄目もとの値段のものを
手に入れた。ワンテンのカセットも付いている。

DSCF2446.JPG

で、ちょっと手近にあるネガをスキャンしてみた。
ネガを見ただけでは何が写っているのか分からない。
スキャンしてみると確かに記憶がある。
プリントしたものなど、どこかに分散してしまっているので、しばらくぶりだ。

出来映えは感心しない。
現代の高性能のデジカメで解像度の高いPCが当たり前の時代には不満である。
だけど、こんなものではなかったか、という気持ちもある。

2012-01-05_1.jpg

子供が小さいのは当たり前だが、我が家の奥方様が若いのにびっくりした。

posted by 山口屋散人 at 19:52| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする