2012年05月30日

何が一体真実なのか

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-645.html

発信力が低いのでは、とか、存在感が薄いのでは、と巷では言われている知事さんだが、
なるほど、こういう批判のされ方もあるんですな。

金と金メッキ、銀と銀メッキの違いが、災害非常時で露見するという不幸な時代に遭遇
してしまったが、本物の金と銀は何処にあるのか、それと4号機が心配。
posted by 山口屋散人 at 00:55| Comment(6) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

あだたら散歩

DSCF0113.jpg

沼尻から船明神山、鉄山と周り、沼尻と戻る周回コースをたどる。
お友達は皆さんそれぞれ都合が悪く、単独での山歩きとなる。
(といっても人気のコースでもあるので、熊の心配などは要らない。むしろ膝が心配)

DSCF0083.jpg DSCF0100.jpg DSCF0107.jpg

船明神池はまだ雪が残っていた。雨と雪解け水で夏でも枯れないという。
船明神山の明神さんのすぐ前にミネザクラが咲いていた。(標高1667m付近なんだけど・・)
相変わらず沼の平は荒々しくも神々しくもあり、ガスさえ無ければ降りてみたい所だ。

DSCF0160.jpg

帰りは久しぶりに硫黄川での足湯。
この日は雪解け水のせいか水量が多く、微温湯温泉よりは熱いかという程度。
結局、10時に出発して5時に車まで戻った。
都合7時間のお散歩。膝はなんとかギリギリ持った。(もっと鍛えなきゃ)

posted by 山口屋散人 at 19:58| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

千金の馬

草庵に千金の馬をつなぎ、躙り口より室に入る。
己の天下への野望と自負心とを押し止め、一服の茶を喫する。
(わび、さび の世界がそこにある・・そうだ)

DSCF0027.JPG

ま、それとは違いますが、うちの様なボロ店に来る千金の馬。
わさびは有るがわびさびは無い。
posted by 山口屋散人 at 15:58| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

山形市へ

先週は神々しい風景の中にいたので、今週はその反動か雑踏の中に
紛れ込みたくなった。
さて、どこに行こうか・・仙台・・若しくはその近辺の観光寺社仏閣・・

結局、新幹線に乗って山形市へと向かった。
P5201874.jpg P5201876.jpg P5201892.jpg

霞城公園ではのんびりと寝ころがっている人たちがいた。
子供たちも走り回って遊んでいる。
布団を干している家が多く見られた。
ごく当たり前の生活なのにうらやましく思える。

P5201881.jpg P5201887.jpg P5201889.jpg

博物館では先ごろ国宝に指定された「縄文のビーナス」(長野県にもあり)がまだお留守で
レプリカなのは残念だったが、藤沢周平の直筆原稿があった。
山形県人というのは親切というのか、ボランティアの案内人が付きっ切りでガイドしてくれた。
お陰で、さっと流すところまでじっくりと見物したのは良いのだが、時間がかかり過ぎた。
従って、ほぼこの博物館だけで帰福の時間に。

P5201894.jpg P5201901.jpg P5201904.jpg

城跡の公園で暮らすノラ猫。
久しぶりで猫に触った。



posted by 山口屋散人 at 10:06| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

富山県からやってきた

suzumenooyado_toyama-img600x450-1336370601vtkakv64905.jpg suzumenooyado_toyama-img600x450-1336370600rhe5cw64905.jpg suzumenooyado_toyama-img600x450-1336370601fh8bjm64905.jpg

おそらく昭和30年代の登山ブーム時の夏山縦走用ピッケルである。
2本まとめてネットオークションに出品されていた。
夏山用は出品数がきわめて少ない。
最近は意外と高値が付くことが多いのだが、この2本は下手にペンキなど
塗ってあったり、その当時の流行の焼印がべたべたとあり汚い。
そのせいで、あまり競ることもなく安く落とせた。

DSCF2580.jpg DSCF2582.jpg DSCF2583.jpg

到着した物を検品してみた。
思った通り、物はしっかりとしているので、リペアすれば十分使用可能である。
このリペアするのも、楽しみの一つなり。
posted by 山口屋散人 at 07:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

魔女の瞳にごあいさつ

DSCF5011.jpg

5月ともなれば、やはり魔女の瞳に挨拶してこなければならないだろうと考える。
行かないことには何か落ち着きが悪い。

DSCF5020.jpg

浄土平の奥の方の駐車場。裸地での測定値。

酢ヶ平から一切経に登るのは久しぶりだ。このところ下山路に使うことが多い。
そのせいか、こんなにシンドかったっけ?と言うくらい息切れした。

DSCF5041.jpg DSCF5042.jpg DSCF5045.jpg

頂上に出るとさすがに風が強い。気温は5度。
魔女の瞳の写真もそこそこに下山。
少し下ったところで風が弱まったので、ここでも放射線量を測ってみた。
何故か、浄土平と同じ。(標高は300m位は違うのだが)

DSCF5057.jpg

帰路、久しぶりに鎌沼をぐるっと歩いて姥ヶ原へ出る。
姥神さまにもご挨拶しなければ、吾妻の山を歩けない(ウソ)。

DSCF5063.jpg

その姥神さまのご利益か、この鎌沼を歩きながら、何度つぶやいたろう。
「うっひゃ〜綺麗だね〜」(単独行なので独り言ぶつぶつ、老化・・)

DSCF5073.jpg DSCF5075.jpg DSCF5080.jpg

「現世と来世の境」、ということは、「この世とあの世」の境にいて見守るという姥神さま。
確かにここまでの山容とこの先の谷地平に向かう道の違いようは甚だしい。
まるで陽と陰で、夏などの植物が繁茂する時期は薄暗く不気味な登山道である。

DSCF5092.jpg DSCF5093.jpg DSCF5095.jpg

posted by 山口屋散人 at 22:06| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

いよいよ当たったか!

楽天銀行からのメールで、BIG一等6億円が当行から一本出たという。
いよいよ小生にも運が向いてきたか・・と、一枚しか買わないくじを確認する。

A564kai-big.jpg

ふ〜む。世の中甘くない。
けど14問中、9問正解とは今までで最高成績である。
あと一つ当たれば5等だったなー、実に惜しかったと思って、そうするといくらの
賞金だったんだ?と調べてみた。

564kai-big.jpg

840円だって。
いらねぇや、そんなの!



posted by 山口屋散人 at 15:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

ついに来た

わが家の猫のひたいの庭に目をやると、あらら・・

2012_0508otame0004.JPG

「ナガミヒナゲシ」というらしい。
1961年に世田谷区で確認されたのが最初という地中海地方原産の帰化植物。
50年かかって我が家にも侵出してきた訳だ。
悪い花ではないが、ブラックバスと同じで在来種を駆逐する勢いがどうか?

posted by 山口屋散人 at 16:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする