2012年08月30日

未明の地震

今朝未明の地震、先に来るP波が地鳴りを伴っていたそうで、家人が飛び起きた。
この頃また感じの悪い地震が来るようになった。

午前8時少し前に首都圏に住む友人から携帯にメールが届いた。
(友人)「地震被害ありませんでしたか?」
 返信 「
(友人)「ね。えがった。」
 返信 「ども

いくら親友でも、少々素っ気無かったかしらね。  
posted by 山口屋散人 at 17:52| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

下村藩陣屋跡リベンジ

奥土湯まで出かけてきたので、あっち方面見学の宿題をついでに片付ける。
まずは「旧跡 鹿の足跡」。
旧道115号線ぞいにあるというが、何度も通ったわりには記憶がない。
交通量が激減した旧道をゆっくりと走る。
あった、あった。

DSCF0610.jpg DSCF0611.jpg

連続のカーブ、狭い道、前後を走る車に気をとられて、脇を見る余裕がなかったのだろう。
今まで何故気が付かなかったのだろうという感じ。
しかし大石は確かにあったが、草ぼうぼうで足跡らしきものは発見できなかった。

さて次は先日近くまで行きながら、たどり着けなかった下村藩陣屋跡といわれる稲荷神社。
道路でなく水路をたどるとTUKAさんにアドバイスを頂いたので、先日と同じ集会所に
車を置かせてもらって探すと、なんとすぐ脇を流れていた。

DSCF0620.jpg DSCF0619.jpg DSCF0617.jpg

DSCF0615.jpg DSCF0614.jpg

これじゃ、分からないはずだ。
思ったより荒れはててはいなかったが、半ズボン姿でここは歩けない。
しっかりとヤブ蚊に栄養を吸い取られてきた。

posted by 山口屋散人 at 18:24| Comment(2) | 福島 | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

最後の一枚

DSCF2634.jpg

こういう紙を何というのか知らない。
出前の時などに、蕎麦つゆを入れる「たれすず」にふたをするための紙である。
少しの間だけでも水が漏れないようにするためか片面だけコーティングされている。
小生の代になってから作ったことはない。
ということは30年以上前に作ったものである。
もう何年もまえから出番がなく、時々石油釜の焚き付けに一枚ずつ使われていた。
それがついに最後の一枚になってしまい、わが店では絶滅することになる。

DSCF2644.jpg

最後の一枚は、本来の使い方をすることにした。
ただし、写真を撮られるだけの目的である。

posted by 山口屋散人 at 20:58| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

無駄骨

DSCF2630.JPG

見たところ異常は発見できない。
どこかで断線か?
と、テスターを探しにいったら、無い。
どこにしまっただべ?
そもそも中学技家の知識水準だから、駄目だべけんど・・Try !
posted by 山口屋散人 at 18:10| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

とりあえず・・

DSCF0565.JPG

ちと間が空きましたが、元気で遊んでおりまする。(画像は昨日のもの)



posted by 山口屋散人 at 21:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする