2012年09月20日

新規入会



9月19日に新しい家族が増えました。
名前は「まる」。
posted by 山口屋散人 at 07:54| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

「汚いから載せるな」と家人には強く言われているのだが、そうだろうか。
飲食業だからイメージ的には悪いのは確かだが、隠す事が理性だとも思わない。
小生の尿路結石、病院にかかることなく、事なきを得た。
その記念の石でもある。

DSCF2697.JPG

しかし、この形はまずい。
尖った方が下になって下れば、七転八倒の苦痛であったろう。
ラッキーということだろうか。
posted by 山口屋散人 at 23:41| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

インシデント(小事故)?

DSCF2688.jpg

昨日未明、寝ていて腰のあたりに痛みを感じた。
寝相が悪かったかと姿勢を変える。
だが楽にならず、変な痛みだ。
寝ながら、何だっけ、この痛みは・・? と考える。
げぇ、もしかして・・

2001年の春、尿路結石というものをやって、三日ほど苦しんだ。
その時の痛みだ。
台所にうずくまり、じっとしていたが、油汗が流れる。
家人を起こし、ロキソニンという鎮痛剤を服用。
冷やしてはいけないらしいが、前回も少し楽になったのでタオルで冷やす。

じっと痛みに耐える。
一時間もすると楽になってきた。
石が移動してくれたのか?
しかし膀胱に突入するときの痛みも相当なものだった筈だ。
今回はそれがなく、すーっと痛みが消えた。
痛みに耐えて腹筋、背筋が硬直していたので、その後遺症はある。
ともあれ、あの特有の内臓の痛みは消えた。

一つのアクシデント(大事故)の影に29のインシデント(小事故)があり、その影には
300のイレギュラー(異変)があると云われる。
これがインシデントの一つであれば、アクシデントを防ぐことは可能か。
なに、酒を控えればいいだけの話なんだけど。 ・・・ね。

猫

後日、記す。
この出来事が月曜日未明、そして木曜日の午前に結石が排出された。
特に痛みもなく、違和感から気づいた。
茶色でそばの実を一回り小さくしたような形だった。
(逮捕 → コレクション入り)



posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

松川事件との関わり

今年の4月に単なる思い付きで「松川事件」の現場へと行き、慰霊碑等の施設物を
見て回ってきた。
地元にいながら、この全国的にも有名な事件にあまり関心は無かった。
事実認定に関わる資料の膨大さを聞いただけで、頭だけでも突っ込みたくなかったのだ。
ただ、現場には行ってみたいとだけは思っていた。
起訴された20名の人たちは全員無罪を勝ち取ったが、犯人は最低でも数名存在する。
その現場に立ってみたい、それだけだった。

P4221735.JPG

近所に「物知り」で知られた御老体がいる。
その御老体に事件の現場まで行ってきたことを話題にしたら、意外な事実を聞かされた。
小生の所属した消防団の前分団長の奥さんが、事件で死亡した機関士の遺児だというのだ。
だから毎年8月には事件現場の慰霊碑までお参りに行くという。
そしてもう一つ、途中で証言を変えた木村証人という人がいるが、何と知っている人だった。
この方は昨年お亡くなりになったが、お店にも来てくれていた。
御老体はこの木村証人を「素晴らしく度胸の良い漢だった」と表現した。

彼は松本清張の「日本の黒い霧」にも登場する。
そして、広津和郎の講演録の中では「奇怪な人物なのです」などと表されている。
小生としては、多少人を喰っているところがある人だが、面白い人だな、と思っていた。

DSCF2677.jpg DSCF2679.jpg

事件とは全く無縁だと思っていたのだが、関係する人達が身近にいたのに驚かされる。
そういえば、亡き父から叔父が取り調べを受けたと聞いたことがある。
叔父の家の本棚には資本論と共産党宣言がセンターに鎮座していた。
どのくらい活動していたのか知らないが、抑圧の対象だったのだろう。
その叔父も今年で85歳になる。
松川事件の発生から今年で63年の月日が流れた。

posted by 山口屋散人 at 17:45| Comment(5) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

こりゃ、ええ

DSCF2673.JPG

先日、某ホームセンターで1000円で特売したエチケットカッター。
ただし、小生が買いに行った時は既に売り切れで、「予約受付ます」となっていた。
面倒だからアマゾン (1227円だったが) でついでに買った。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003XOS4MG/ref=oh_details_o00_s00_i00

レビューでも高評価を受けているが、その通りの物だと思う。
歳をとってくると聞きたくないことも多くなるせいか、耳毛の伸びが早い。
ハナ毛なんぞは切ることが出来るが、耳毛は難しい。
それも安全にカット出来、使いやすい。
posted by 山口屋散人 at 17:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

見物のチョイ旅

DSCF0664.jpg

たまたま咲いていただけで、蕎麦屋やっているから見に行った訳ではない。

DSCF0625.jpg DSCF0652.jpg

たまたま一般庶民のトイレとロイヤルファミリーのトイレを見ることになったが
これを見に行った訳でもない。

DSCF0635.jpg DSCF0637.jpg DSCF0641.jpg

一番の目的はこれ。これを見るのに10年の歳月がかかった。

DSCF0624.jpg DSCF0628.jpg DSCF0629.jpg

開いているかと思った資料館は閉まっていた。残念。
ここも半分目的だった。
ただし、軽便鉄道よりは鉱山の方に興味があり、それに関してのものが見たかった。

DSCF0647.jpg DSCF0659.jpg

福島に50年以上住んでいるのに来るのは初めて。
ロイヤルファミリーのトイレはここ。
しかし震災で打撃をうけ、未だにあちこち修理中。
入館料は通常350円なんだそうだが、見学出来ない所が多いので、200円。
それでも申し訳ないということで、「起き上がり小法師」のお土産をいただいた。

posted by 山口屋散人 at 18:25| Comment(4) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする