2012年09月07日

松川事件との関わり

今年の4月に単なる思い付きで「松川事件」の現場へと行き、慰霊碑等の施設物を
見て回ってきた。
地元にいながら、この全国的にも有名な事件にあまり関心は無かった。
事実認定に関わる資料の膨大さを聞いただけで、頭だけでも突っ込みたくなかったのだ。
ただ、現場には行ってみたいとだけは思っていた。
起訴された20名の人たちは全員無罪を勝ち取ったが、犯人は最低でも数名存在する。
その現場に立ってみたい、それだけだった。

P4221735.JPG

近所に「物知り」で知られた御老体がいる。
その御老体に事件の現場まで行ってきたことを話題にしたら、意外な事実を聞かされた。
小生の所属した消防団の前分団長の奥さんが、事件で死亡した機関士の遺児だというのだ。
だから毎年8月には事件現場の慰霊碑までお参りに行くという。
そしてもう一つ、途中で証言を変えた木村証人という人がいるが、何と知っている人だった。
この方は昨年お亡くなりになったが、お店にも来てくれていた。
御老体はこの木村証人を「素晴らしく度胸の良い漢だった」と表現した。

彼は松本清張の「日本の黒い霧」にも登場する。
そして、広津和郎の講演録の中では「奇怪な人物なのです」などと表されている。
小生としては、多少人を喰っているところがある人だが、面白い人だな、と思っていた。

DSCF2677.jpg DSCF2679.jpg

事件とは全く無縁だと思っていたのだが、関係する人達が身近にいたのに驚かされる。
そういえば、亡き父から叔父が取り調べを受けたと聞いたことがある。
叔父の家の本棚には資本論と共産党宣言がセンターに鎮座していた。
どのくらい活動していたのか知らないが、抑圧の対象だったのだろう。
その叔父も今年で85歳になる。
松川事件の発生から今年で63年の月日が流れた。

posted by 山口屋散人 at 17:45| Comment(5) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする