2013年02月25日

つらら

DSCF5173.JPG

寒めぞー。
posted by 山口屋散人 at 21:14| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

様々なお客さん


DSCF5166.jpg

お店には、実に様々なお客さんが来る。
こういう新聞を発行しているらしいお客さんも来る。
いつのまにか新聞ラックに収まっている。
世の中では「ゴ▲新聞」と呼ばれるものであるが、
読んでは何とも面白い。
このお客さんは年に3〜4回くらい現れる。
店が空いた時間になると、つい新聞ラックをのぞきに行く。
この新聞が楽しみで・・(小生もゴシップ好き?)


posted by 山口屋散人 at 20:21| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

いやな物が出てきた


DSCF5163.jpg

1971年春の入試要綱(・・って云うんだっけ?)が出てきた。
実に42年前の現役受験生の時のものだ。
入試の時期は今頃で4つか5つ受けたが、全滅だった。
後に入ることになるAG大はこの時には受験しなかったのだから笑える。
案内を取り寄せただけで、何故受験しなかったのかを覚えていない。
きっとカラーが合わないと思ったのだろう。

進学校にいたために、スポーツ推薦を使うのは後ろめたかった。
国体で7位は悪くはないが、あのへんが限界だと感じていたので、大学に
進んでまでやりたくはなかった。推薦を使えば、楽しみで走るという訳には
いかなくなる。
また格好良く言えば、「潔しとしない」という気概だったのだが、その当時の
成績に見合う学校に入る気もなかったので、浪人するしかなかった。

しかしながら、その後の浪人生活は悲惨だった。
哲学的命題?に悩まされて、勉強など出来るものではなかった。

ともあれ英語が苦手だったので、配点が他の科目と同じ、漢文が出来ないので、
出ないか出ても少し、社会科は難問珍問が多い大学で、法学系・・を受けた。

AG大の入試は今でもよく覚えている。
乗換え駅で慣れない満員電車のため降りられなかったのだ。
そのため大学正門に着いたのは入試開始10分後だった。
バリケードの中にいた案内係りの体育会系学生が、受験票を見て
「走れば間に合います」と一緒に受験会場の教室まで走ってくれた。
正門から一番遠い校舎で、おまけに4階だか5階だかだった。

息も絶え絶えで初めの科目の英語を受けた。
法学部の募集定員300人に受験者8100人で名目倍率27倍。
しかし当時の私学などは、こんなのはザラだったのだ。
実際には1200人位合格して、入学者は定員の倍の600人位だった。

「ここです」と教室を指す案内係りの学生に、ちゃんとお礼を
言ったのかどうか記憶が飛んでしまっている。
あの時、間に合いますと一緒に走ってくれなかったら、この学校に
入ることもなかっただろう。
その後、学内であの案内してくれた学生だなと思える人には出会えないで
終わってしまった。
遠い日のどこか辛い記憶である。

posted by 山口屋散人 at 22:48| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

モモリン


福島市のゆるキャラ?のモモリンが今月から変わった。

DSCF0090.JPG

「もも&りんご&雪うさぎ」というのがコンセプトだったように記憶している。
15周年を期して、新キャラに変わったのは評判がいまいちだったのか?
ま、確かに旧キャラはちっとダサイかも。

先日訪れた米沢市のゆるキャラは結構人気がある。
小生は「おせんちゃん」に奇妙に魅かれた。

DSCF0052.jpg

素晴らしくスタイルの悪い(二頭身)おせんちゃんは犬だそうだ。

DSCF0056.jpg

他のキャラも直江兼続や前田慶次郎、影勝をデフォルメしたものなのだが、皆犬。
何で犬なんだろうと考えたら、あの辺は高安犬という下地があるのでそれか。




posted by 山口屋散人 at 21:05| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

米沢で



DSCF0025.jpg DSCF0026.jpg DSCF0027.jpg




米沢雪灯篭祭りのひとコマ。
和太鼓の響きは腹の底の何かを揺さぶられる気がする。

posted by 山口屋散人 at 21:29| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

二本松市の切り通し坂


DSCF0015.jpg

この「切り通し坂」についてはTUKAさんの「池ノ入切通し」に詳しい。

ここに登場する「豊潤水」という水飲み場を見たくなって、出かけてきた。

DSCF0006.jpg DSCF0007.jpg DSCF0010.jpg

何でも「村越のおじさん」と呼ばれる料理名人が大正半ばに私財を投じてこれを造った。
これが大いに役立ったらしく馬車屋組合が小父さんの顕彰碑を建てその徳を慕った。

DSCF0012.jpg

さらに時代が下がり昭和6年の夏、通りかかった当時の小柳牧衛知事が、この水で
のどを潤した。
ふと見ると馬車屋組合が建てた顕彰碑が目に入った。
この話に感動した知事は、すぐさま筆をとり「道行く人つつがなきや」と揮毫した。

DSCF0017.jpg DSCF0018.jpg

と云った三題ばなしみたいなもんなのだが、この鬼県令三島が作らせた道にまつわる物語を
寒い中、てこてこと歩いてきた。

posted by 山口屋散人 at 08:25| Comment(9) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

ぼろい

いつの間にか、Google のストリートビューが福島の街でも見られるようになった。
日付を見ると撮影されたのは2011年の11月。
それにしても、わが店はボロイ。

google1.JPG



posted by 山口屋散人 at 20:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする