2013年05月22日

あつかしやま

国見町のアツカシヤマは二通りの書き方がある。
現在地図などの表記は「厚樫山」。
例の源頼朝との決戦その他の史跡としては「阿津賀志山」。

厚樫山の麓で防塁は在来線によって寸断されている。
山側にこんな石碑があった。

DSCF0687.jpg

DSCF0689.jpg

「史跡 阿津加志山二重空堀」とある。
あんれれ・・「か」の字が違うでないの?

ということで、家に帰ってから調べてみたら、このあたりの地名を「阿津加志山」。
では、どういう使い分けかというのは、分からない。
(国見町のお客さんにでも聞いてみるべか・・)



posted by 山口屋散人 at 22:07| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする