2013年06月28日

奥会津で出会ったことなど

「道の駅 かねやま」は新しくて快適だが、誤算は日差し。
深夜の到着であるので、就寝は夜中の2時近く。
しかし、遮るものがない日差しで5時半には起こされてしまった。(要対策)



しかたなくワンコとお散歩。
ありがたい金山の金蛇様に出会った。

DSCF0994.jpg DSCF0995.jpg 

この地には炭酸水が湧出する。
案内板につられて行くと、立ち寄れるように整備されている。

DSCF1012.jpg 

しかし、ここの(大塩天然炭酸水)は鉄さび臭くて不味い。
もう少し南下したところにある滝沢天然炭酸水は澄んでいて美味だった。
国道から直ぐだ、というより国道の下から湧いているかんじ。
観光団体バスだったら、ハイボール作っちゃうんだけど残念。

DSCF1016.jpg DSCF1019.jpg




posted by 山口屋散人 at 17:37| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

不燃物ゴミの日

DSCF2873.JPG

不燃物のゴミの日。
それ以外に、言葉なし。
posted by 山口屋散人 at 21:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

道の駅ホームレス弾丸ツアー

土曜日の夜に(小生としては)ひた走り、奥会津に行ってきた。
メインは只見町の河井継之助記念館。あとはオマケ。

DSCF0988.jpg 泊まりは出来立ての道の駅かねやま。

DSCF1001.jpg 時間調整のため、沼沢湖へ。

DSCF1026.jpg 記念館には開館5分後に到着。

DSCF1055.jpg 40年振りの田子倉ダム。

DSCF1070.jpg 家人は初めての塔のへつり。

DSCF1074.jpg 大内宿で〆。

23時間で走行距離450キロだった。
途中で色々とひっかかったが、また後ほどに。




posted by 山口屋散人 at 19:27| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

疲れたびぃー

先週は何やらと出なくてはいけない総会が続き、体調を崩してしまった。
特に飯坂温泉泊まりの会合が命とり?

DSCF2868.jpg DSCF2870.jpg

小生が昨年から仕方なく役員をつとめる業界団体がある。
会員数650人位のものだが、総会資料を見て驚いた。
会長以下、副会長13名、常任理事9名、理事30名、監事3名という異常さ。
3名の顧問を加えて48名の役員総数はまあ良しとしよう。
しかし、副会長13名というのはいたずらに名誉を与えるだけ・・
この業界は「チョー」の付くのが大好き人間の集まりなんかね。
ちなみに小生はもちろん副会長などではなく、とーぜん末席役員。
総会とはいっても、一般会員の出席は表彰を受ける方が数名だけの
役員会みたいなものだった。どこでもそうらしいが・・

posted by 山口屋散人 at 19:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

福島 東北六魂祭 脱出の記 その2

6月2日。
明日から仕事も再開しなければならないので、少しでも距離をかせぐ。
前夜の泊まりは「みちの駅 とざわ」にした。
夜の到着であるので、翌朝になって眼下に最上川の雄大な流れがあり、びっくり。

DSCF0885.jpg
 DSCF0884.jpg

寄り道して消防団の旅行で泊まったことのある銀山温泉を家人に見せてやることにした。
家人の右脇にチラッと写っているのが、ジニーさんがかつて居た旅館である。

DSCF0890.jpg DSCF0898.jpg DSCF0892.jpg

この旅館街の人達は観光客と見ると挨拶の声をかけるようにしているようだ。
やたら愛想が良い。

DSCF0899.jpg DSCF0900.jpg DSCF0901.jpg

天童の道の駅は、やたら混んでいた。
海岸線の駅とは見違えるようだ。
この駅から見える山が、何となく信夫山に似ている。変な感じ。

DSCF0902.jpg DSCF0904.jpg

この後、天童ユピアという温泉施設でやっと風呂にはいり、各駅でお昼寝したりして
最終的には高速道路で福島まで帰ってきた。
福島入りは午後8時ころであったが、祭りの余韻はもう無かった。
スバラシイ。
posted by 山口屋散人 at 19:04| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

足にきた・・



一年半ぶりに山歩きに復帰したF班長の足慣らしにと、安直な
安達太良山コースをとの思惑で・・

人が多すぎるし、やっぱりつまらないコースで・・
くろがね小屋を経由して奥岳への周回コースも・・
けっこう、足がガクガク・・やばし

実はこの動画の時、ゲレンデの中ほどにカモシカがのんびりと草を食んでいたのだが
気が付くのが遅く、残念ながら撮り損ねた。

DSCF0911.jpg DSCF0921.jpg DSCF0909.jpg





posted by 山口屋散人 at 08:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

福島 東北六魂祭 脱出の記 その1

東北六魂祭の前日夜、福島を逃げ出す。
宛ては無い。とりあえず、荷物を車に積み込み13号線を走らせる。

米沢到着は22時ころだった。
ファミレスに入って夕食をとる。
地図を広げながら、何となくどこを彷徨うか決める。
キーワードは日本海、鳥海山。
して本日のお宿は「道の駅 白い森おぐに」

DSCF0769.jpg DSCF0771.jpg DSCF0775.jpg

翌朝、村上市に出て、海岸線を北上する。
朝食はコンビニで購い、適当な浜を探して食す。
又、道の駅があれば必ず寄ることにして種々用をたす。

DSCF0776.jpg DSCF0777.jpg DSCF0795.jpg

目的地の一つ、鳥海山が海の向こうに見える。
昭和天皇のおっかさんの貞明(この時は皇太后)さんがここで眺めたらしい。
確かに絶景だ。

DSCF0797.jpg DSCF0799.jpg DSCF0801.jpg

酒田市に出れば、本間様は外せない。
美術館、本邸、別邸と見て歩く。(見学料一人1400円だった)

DSCF0806.jpg DSCF0810.jpg DSCF0808.jpg

ついでに一寸北上して、国指定重文の青山邸を見てくる。

DSCF0813.jpg DSCF0844.jpg DSCF0846.jpg

鳥海山の中腹を走る道路がある。
そこを走ってみることにした。

DSCF0848.jpg DSCF0849.jpg DSCF0851.jpg

秋田に抜けずピストンで酒田方面に戻る。
近くの十六羅漢を見学していると、ちょうどにサンセット。
日本海に沈む夕日を堪能。

DSCF0865.jpg DSCF0870.jpg DSCF0879.jpg

かくして 6月1日は暮れた。
今晩の寝床を探さねばならぬので、地図とにらめっこをする。
posted by 山口屋散人 at 20:06| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする