2013年08月29日

弱り目に祟り目

「も、悪なると何もかも悪なりますなぁ。弱り目に祟り目、泣き面に蜂、貧すれば
鈍する、藁打ちゃ手ぇ打つ、便所に行ったら、人が入っとるちゅうぐらいで・・」
(桂米朝 帯久)

何か、そのサイクルに入っているのが今の小生である。
ガタがあちこちに一遍に来たような塩梅である。

車は修理中のまま。
電源繋いで、ヒューズを差し込めば一応完了であるが、何か上手い道具はないかと
探しておる状況。ま、大分涼しくなってきたので、のんきにやりまっさ、と思って
いるのだが、家人からは評判が悪い。歯っかけ爺みたいで格好悪いという。

DSCF3062.jpg (んだべがね?)

そうしているうちに製麺機械が不調になってきた。
そして、ノートPC のキーボードが何個か利かなくなってしまった。
パスワードを打ち込めないので、ものすごく不便。

DSCF3064.jpg

仕方なく、サブ機の馬鹿ビスタ搭載機を出してきて、これを書いてる次第。
調べてみたら、キーボードだけ買えるショップを発見。
さっそく注文。(2500円、送料400円)
以前、XP機の時に交換したことがあって、もう二度とやらねえぞ、とまで
思ったのだが、またやることになってしまった。
今度の日曜日は雨のようだから山には行けないし、やるべが。

posted by 山口屋散人 at 20:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

性懲りもなく

先月車検を受けたばかりの平成8年型の軽四駆。
クーラーが壊れてしまった。
バリバリバリと凄い音がして、やがて静かになった。

調べてみたら、コンデンサーファンがいかれたみたいだ。
ヤフオクで3000円で入手。
これで直ればめっけもの。

DSCF3049.jpg DSCF3052.jpg DSCF3056.jpg

夕暮れがせまり、本日は時間切れ。
電源接続スイッチを何とか外したが、手が届かなくて接続出来ない。どうすべ?

posted by 山口屋散人 at 18:50| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

ももりんのジェラートとシャーベット

DSCF3046.JPG

今日の新聞に、このアイスの紹介記事が載っていた。
そしたらありゃりゃ、何とお客さんから差し入れで頂いた。
早速パクついた。

う〜ん、何かパンチ不足というのが、正直な感想かな。
なんぼすんだべ、これ?



posted by 山口屋散人 at 17:09| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

不老長寿の桃

DSCF3033.jpg

「蟠桃」と書く。
あの番頭さんをやっていた山片蟠桃と同じ字を書く。
こういう桃が存在していたことを初めて知った。
長女が桑折町で買ってきたとのこと。
何でも桑折町で2軒の農家でしか栽培していないとかで、幻の桃だとか。

DSCF3022.jpg DSCF3023.jpg DSCF3024.jpg

ちょっと調べてみたら、楊貴妃やら神仙思想が出てきて、不老長寿の妙薬とか。

DSCF3026.jpg DSCF3028.jpg DSCF3031.jpg

肝心の味だが、不味くはないが美味しいという程でもない。
が、あかつきなどに比べるのは酷だろう。
何せ、不老長寿の薬だ。
posted by 山口屋散人 at 15:52| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

ホヤ作り


ホヤ(火屋)が粉々に砕けてしまったランタンがある。
先日、百均で見つけたコップを細工すべく、汗だくになって作業。

DSCF3013.jpg DSCF3016.jpg DSCF3017.jpg

みごとに失敗したが、何とか使えるかも知れない。
組み立ててみて、あることに気が付いた。

DSCF3019.jpg

「天板が無いんじゃないの?」 どこにいったべ?
まさか捨てちゃった・・? ぎゃー! 探すのはもっと大変だー!


DSCF3002.JPG(ピンチ!)

posted by 山口屋散人 at 18:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

ホームレス車中泊5回目の旅 その2


雲海を見られただけでもラッキーだったが、さてこれからどこに行こうか。
道の駅の開店した店から案内地図をもらってきて、考える。
一番近い観音沼森林公園にとりあえず行ってみることに。

DSCF1264.jpg DSCF1276.jpg DSCF1278.jpg

ここもキノコの多い沼地だ。つい気になってパチリ。

DSCF1268.jpg DSCF1271.jpg DSCF1275.jpg

ここから3キロほど奥に「日暮の滝」というのもあるらしいので、行って見る。

DSCF1289.jpg DSCF1283.jpg DSCF1287.jpg

帰りがけ、滝までに至る途中に案内板があったのをじっくりと読むことにした。
先ほども車を止めて一応読んだのだが、辺りを見回しても石碑は見当たらなかった。

DSCF1290.jpg

「つづら折りの坂を登りきり、下る坂を奥州駒返坂と呼んでいた」とある。
「旧道は現道よりも東側に位置している」とあるが、東側の山側を見ても、道など
なさそうだし、悪いことに谷側にはっきりとした道が続いている。
「登りきり下る坂を」の表記から、さてはこの道を下った所にあるのかと判断。
5分ほど下ったが、何も無さそうで何かの作業道と思わざるをえなかった。
戻って、もう一度案内板を読む。
一番下の矢印がどこを指しているのか、右から見、左から見した。
山側をじっくり観察すると、道の痕跡はないが石碑らしいものが目に入った。
国語のテストをされているようで時間を食ったのは、小生の国語力の問題か。

DSCF1294.jpg DSCF1292.jpg


田島町から舟鼻峠を抜けて、トンネル内の交差点を久しぶりに・・と思ったのだが、無い。
新しいトンネルを通ったらしい。ともあれ昭和村の「からむしの里」へ。

DSCF1301.jpg DSCF1300.jpg DSCF1298.jpg

10年前の消防団の旅行の時は買わなかったので、玉梨とうふを購入。
ダイハツミゼットはまだ有った。

DSCF1303.jpg DSCF1304.jpg


道の駅かねやまに寄って休憩。
前回、日差しの関係でうまく写らなかった慰霊顕彰碑を撮影。
郵便配達で殉職された方々の慰霊碑だ。
明治39年から平成6年までで13名が犠牲となっている。
いかに雪が深く厳しい冬であるかという悲しい証明である。

DSCF1307.jpg

帰りに磐梯町の道の駅で、初めてこういうのを見つけた。

DSCF1310.jpg DSCF1311.jpg

時代は徐々に「じぇじぇ!」

posted by 山口屋散人 at 19:04| Comment(3) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

ホームレス車中泊5回目の旅 その1

6月から始めた車中泊の旅、5回目ともなると段々上手になってくる。
今回は無目的に下郷町の道の駅に宿をとる。

DSCF1245.jpg DSCF1252.jpg DSCF1257.jpg

上手になったのは最適な場所の選択。
朝日が当たらない場所があればと、方位を計測、ドンピシャ。

DSCF1246.jpg DSCF1258.jpg DSCF1253.jpg

びっくりしたのは朝方。
なんと北の方に雲海が見える。

DSCF1262.jpg DSCF1263.jpg

しかし、一時間半後には跡形も無い。



posted by 山口屋散人 at 18:49| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする