2014年04月27日

資料的価値は

本当はスカイラインでも登ってくるべと思っていたのだが、ワンコの調子が悪い。
獣医さんから二日間の絶食を仰せつかったくらいである。
食べ物飲み物をねだる仕草がいたたまれないので留守番をさせ、出かけることに。

無目的に南に方角をとる。
本宮市にある PLANT5 というお店に行ってみることにした。
福島ではお見かけしない品物が並んでいて面白かったからだ。

やはり面白く、何かにとゴチャゴチャで 9千いくらの買い物になってしまい、
小生の財布は破産、家人の財布に頼って、何とか恥をかかずに済んだという始末。

本宮市については、あまり知らない。
車のナビで近くの観光施設を検索してみたら、歴史資料館がある。
つーことでナビに案内させながら、行ってみることにした。

DSCF1585.jpg DSCF1587.jpg DSCF1589.jpg

ナビが「目的地付近です。案内を終わります。」と言ったにもかかわらず、見当たらない。
で、もう一周するはめになった。

入館すると芳名帳に記載するように求められたが、それによると、本日の見学者は先に二人。
開館時間はあと一時間くらいであるから、我われ夫婦二人あわせて四人で終わりかも。

この建物は聞いてみると電力会社のものであったそうで、大正期に造られたそうだ。
先の大震災でもびくともしなかったとか。
案外、一番の資料がこの建物であるかもしれない、という感じであった。



posted by 山口屋散人 at 21:42| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

御衣黄まんかい


DSCF1577.jpg DSCF1582.jpg DSCF1580.jpg

桜の聖母小学校の御衣黄さくらが満開になった。

posted by 山口屋散人 at 22:15| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

わらびは見たり〜


DSCF0777.jpg DSCF0779.jpg

せっかくのワラビなれど、信夫山のでは喰えん。

posted by 山口屋散人 at 22:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

時期を失すれども


DSCF0770.jpg DSCF0771.jpg DSCF0775.jpg

残念ながらコゴミの畑は一箇所しか知らない。
採りごろは先週あたりであったか。
山の恵みにゴチ。

posted by 山口屋散人 at 18:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

みどりの桜

お客さんに昨年教えられたのだが、見損なってしまった御衣黄という桜がある。
場所は花園町の桜の聖母小学校の敷地内で北側の道路から見ることができる。

まだ咲いてないとのことだったが、家人と二人してとりあえず見学に。

DSCF1570.jpg DSCF1569.jpg DSCF1568.jpg


posted by 山口屋散人 at 17:59| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

ぜいたくな時間


DSCF0722.jpg DSCF0726.jpg DSCF0732.jpg

わずかな開花期間、そのうちのわずかな時間ではあるが、ほぼ独占。
こんな贅沢はない。

posted by 山口屋散人 at 20:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

米沢お散歩

DSCF0680.jpg

好天に恵まれた日曜日、夕方まで久々のフリータイム。
とはいえ、親水公園の花見山の臨時駐車場は朝の8時台だというのにこの有様。
どこに行こうか・・ 

結局、混まない場所、つまりお花見にはまだ早い場所で近い所。
お隣の米沢市に向う。
まだ見学していない所がたくさんある。

DSCF0682.jpg DSCF0686.jpg DSCF0687.jpg

先ず林泉寺へ。
直江山城守の墓がある。
斜平山をバックになかなかのロケーションだが、何か変わった墓だ。
ここには歴代藩主の正室の墓などもあるのだが、やはりこの形。

DSCF0689.jpg DSCF0690.jpg

ここに鷹山公の側室であるお豊の方の墓もある。

予定はこの後、近くの旧制の米沢高等工業の建物を見学する訳だったが
修理中で見学不可。
ちょうどにお昼時、次の予定のこれまた近くの有名ラーメン店に入る。

DSCF0696.jpg DSCF0697.jpg DSCF0699.jpg

次は上杉鷹山公の隠居所跡へ向う。
餐霞館というらしい。
広いお城ではなく小さな館であるから、今自分が立っている場所を鷹山公もまた
歩いていたのだと実感することが出来る。

DSCF0709.jpg

次は我妻栄記念館へ。

DSCF0714.jpg DSCF0715.jpg DSCF0716.jpg

法学部出身でなくとも民法の我妻栄はつとに知られている。
前日にHPで米沢出身であること、生家が記念館になっていることを知った。
小生ももはや開くことはないとはいえ、著作を何冊か所持している。
これは見学をしてこなければなるまいと、本日の主目的にした。

DSCF0710.jpg DSCF0711.jpg DSCF0712.jpg

首席で通した学生時代、原点はこの家で、二階の勉強部屋なのだという。
しかし、日曜日だというのに見学者は少なそうだ。
管理人さんに聞いてみると、来館者は年間で400人くらいだそうである。
この日の見学者は小生ら夫婦だけだったかも知れない。


DSCF0704.jpg DSCF0706.jpg DSCF0707.jpg



posted by 山口屋散人 at 19:55| Comment(6) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

わんこのはなみ

(信夫山第二展望台)
DSCF0666.jpg DSCF0665.jpg DSCF0664.jpg

コイツは高い所が怖くないらしい・・なんか躾けを間違えたか。

posted by 山口屋散人 at 22:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

一足早くお花見

DSCF0662.jpg

小鳥の森では、山の上の桜の方が早く咲いてら。

posted by 山口屋散人 at 22:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

どーも君にしか・・

本日のお散歩は「小鳥の森」周辺。
いつものコースに小さい花が咲き始まった。

DSCF3381.jpg

ヒメオドリコソウという可憐な名前を持つ花だが、そんなに可愛いの、これ・・?
小生はどう見ても NHK どーも君にしか見えないのだけれど。

DSCF3378.jpg

この周辺や道路沿いの桜は案外に穴場だ。
あと一週間くらいかな。


DSCF3383.jpg

いつも通っている所なのだが、怪しい足跡があった。
蹄があるので、カモシカがイノシシだろうが、イノシシだと嫌だな。
まだイノシシには出会ったことがないから、面識?が無いのだ。


posted by 山口屋散人 at 23:16| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

春恥ずかむ (スプリングハズカム)

日曜日は例によって信夫山のぐるりんこコース。
まだ北側道路は封鎖されているが、倒木は片付けられていた。

裏山には一面にカタクリが咲く斜面がある。
もう少しで咲き始めるのだろうな・・と思っていたら、咲いていた。

DSCF0646.jpg DSCF0650.jpg

ということは、ショウジョウバカマが咲いているはず。
探してみると、有り。

DSCF0652.jpg

周りが汚い枯葉色だが、この花の咲いてすぐは素晴らしく綺麗だ。

第二展望台の桜は、まだ。

DSCF0656.jpg

ふと下を見ると、ありゃツクシだらけ・・

DSCF0657.jpg




posted by 山口屋散人 at 16:31| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

言わんこっちゃない

DSCF0645.JPG

昨夜の強風のためか、朝、店に来て見ると屋根の雨樋がブランブランしている。  
ま、築50年になろうかという位だから仕方がないのかも知れないが、除染作業で
寿命が縮んだのは間違いないだろう。

二階の屋根に登るのはペンキ塗りとかするくらいだから平気だが、この雨樋の作業は
少し様子が違った。
身を乗り出しての作業は、さすがに怖い。
ロープを持ってきて、体に縛り付けるべきだろうな、なんて思いながらも
面倒なのでそのまま針金で補修を続けた。
然しながら、いつまで持つことやら。

posted by 山口屋散人 at 23:06| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

今年も桜を

DSCF3377.JPG

今年も桜を見られそうだ、という年齢になっている。
あと10日ほどだろうか。
信夫山は交通規制がなされるはずだから、どこから登るか?


posted by 山口屋散人 at 22:34| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする