2015年03月16日

白鳥 おジさん・・?



毎日、八時半になると電動自転車で、ラジカセを鳴らせながらやってくる。
何かの音楽なのだが、どの範疇のミュージックやら不明。
年齢も不明。若くはないが、50〜70のどこらへんか見当がつかない。
ひょっとするとオーバーエイジかもしれない。
自転車で白鳥さんのたまり場に近づいてくると、ハンドルから手を離し
両手を大空にかかげ、鷹揚に手をふり、御挨拶。
すっかり白鳥さんと自分だけの世界に入っている。
与えるのはパンのようだが、ミミのように見えるので、どこかの店か工場で調達か。
しかし、毎日は大変だ。
このおジさんが現れると、白鳥さんの鳴き声が変化するので、あぁ来たな、と分かる。
だから、白鳥さんはこのおジさんを歓迎、心待ちにしているらしい。

posted by 山口屋散人 at 21:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

今年はひと工夫か

DSCF1573.jpg

DSCF1574.jpg

一日にして、見慣れない物が増えている。
「何だこりゃ?」 ・・・ 「あ、そうか」

もう春の準備なのだ。
そう、あの花見山の。
でも去年はなかったよなと、画像で確認してみるとやはり無い。

DSCF0671.jpg DSCF0680.jpg

こうして出来てみると、無いのが不思議だったと言うべきだろうな。

posted by 山口屋散人 at 19:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

旅立ちの準備



あらためて考えてみると、こんな大型の美しい鳥が、すぐそこに見られるというのは
すごいことだなと思う。

DSCF1568.JPG

今朝の動画と静止画だが、キンクロハジロというのを今冬初めて確認した。


posted by 山口屋散人 at 19:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

褒められっちまった


DSCF3453.jpg

DSCF3451.jpg

DSCF3452.jpg

「こういうのを持ってくる人はプロだね。」 と出店している長靴屋の親父が
レジの前でニヤリとした。

場所は上り線の道の駅あだち。
ここによく長靴のハネ物?を安く売っている店ができる。
「あのさ、これ、消防団用のだけど、ちゃんと底に鉄板入ってるよね?」
「そうそう、スレンレスのが入っているよ」

消防団用の長靴は、火災現場などで使用するものだから、釘などを踏み抜かないように
底に鉄板が埋め込まれている。
小生も退団するときに、愛用の長靴を返却せずいただいてきたが、なにせ30年もの。
小生のサイズがあったので、購入することにした。
値段は1500円だった。

posted by 山口屋散人 at 20:29| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする