2015年05月26日

48時間で590キロの旅 その2

(何か時間が無いので、備忘録としてさっと流すべ)

DSCF1745.jpg

あら、伊達な道の駅にはコンビニもあるのだが、Yショップでパンがメイン、オニギリを求めて
近くのファミマに行く。→ 失敗。余計に悪い結果だった。
ともあれ、昨晩風呂に入ってないので、鳴子か鬼首のどちらかに入る予定。
しかし、鳴子の早稲田桟敷も鬼首の目の湯も10時から。
それまで少し時間つぶしをかねて、ちょっと戻るようになるが、政宗が一時期居城にしていた
岩出山の有備館という学問所跡を訪ねる。

DSCF1750.jpg DSCF1749.jpg DSCF1754.jpg

次に鳴子か鬼首の選択であるが、家人が鬼首温泉を希望。
「せんとう目の湯」さんにおじゃまする。(500円) 無色透明なやわらかい湯だった。

DSCF1756.jpg

その後は道なりに、ままよとばかり秋田県湯沢市に向って突き進む。

DSCF1757.jpg

道の駅おがちにて昼食。
この奇妙なデザインは小野小町のお帽子とのこと。
湯沢市は小野小町の出身地だとのたまっているらしい。
(わが福島県の小野町はどうなっているんだ?)

そこから由利本庄市へと向う。
途中、鳥海山を裏から眺められた。

DSCF1761.jpg

由利本庄市は特に見るものがなく、むしろ城跡から見る景色、そうビルが無い景色に感動。

DSCF1765.jpg DSCF1767.jpg

日本海沿いに、にかほ市へと向かう。
とりあえず、象潟へと行ってみんべいという考え。
(この「象潟」であるが、小生の勉強が足らなく「さきかた」だとばかり思っていた。)

ここの道の駅は6階建てなのだが、4階に風呂がある。
日本海を眺めながら、風呂を満喫できる寸法。
ちょっと早いが、今夜の宿はここに決めて、陽のあるうちに入浴することにした。

DSCF1775.jpg

近くにガストがあり、そこで生ビールを3杯飲んで、もぞもぞと車の布団にもぐりこむ。

DSCF1777.jpg

翌朝、ワンコを連れて日本海を堪能。
九十九島をいう日本海と反対側にある国の天然記念物を見学。

DSCF1780.jpg DSCF1783.jpg DSCF1786.jpg

(拝観料を払えとの看板があったが、どこに払うのかわからなかったので、未払い)

DSCF1787.jpg

芭蕉が見た景色とまったく違う景色になってしまったというのも面白い。

DSCF1779.jpg

道の駅にはこんな人も宿泊していた。
若いというのはいいなぁ。
ツイッターを追いかけてみると、結構御馳走になっていたりしている。
気さくな若者だったので、かわいがられているみたい。



posted by 山口屋散人 at 19:49| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする