2015年10月27日

7号橋梁

DSCF2183.jpg

「7号橋梁」というプレートが読み取れる。
車道として造られた橋ではあるが、車が通れなくなって20年以上は過ぎているだろう。
場所はこの辺りである。



13号線大滝集落跡から茂庭に抜ける蛇体道というソマ道が存在する。
いや存在するはずなので、確かめるべく、ちょっこら探索に行ってきたのだ。
大滝からは徒歩で片道2時間の峠までは歩いている。
地形図から考えるとこの辺りに出るはずである。
まだ落葉も半端ではあるが、よほど見えるようになったろうと期待した。

烏川の支流を登り(釣り人のか踏み跡あり)右俣にあるであろう道を探す。
が、とても周囲の状況からあるようなものではない。
地形図とは実感が異なる。
ではよくある尾根道かと、とりあえず登ってみる。

DSCF2190.jpg DSCF2192.jpg

何となくあるような無いような・・
ワイヤーは落ちていたが、それ以外に手がかりは無い。

息を切らしながら30分ほどさまよったろうか。
諦めて戻ることにしたのだが、少々角度を誤認して降りてしまった。
比較的単純な山であるから、何ということはないだろうと思ったのだが、
左俣の沢に下りることになってしまい、進退がきわまる。
6メートルもの滝に出てしまったのだ。

DSCF2195.jpg

同行のF班長愛用の得物であるピッケルは危険なトラバースの途中で折れた。
しかも先端部分の回収など不能の状況だったそうである。(右は小生のピッケル)

DSCF2193.jpg DSCF2198.jpg DSCF2199.jpg

結論として言えば、目論見は外れた。
強引に道を探そうとしたが、ここではない。どこか別な場所だ。
う〜ん、そもそもこの7号橋梁は茂庭ダムの提体から14キロの地点なのである。
ここまで行くのもタイヘ〜ン。


ところで、熊が出た〜! 
DSCF2201.jpg
と、一瞬ぎょとした。




posted by 山口屋散人 at 21:20| Comment(8) | 福島 | 更新情報をチェックする