2015年12月31日

大晦日の仕事を終えて


DSCF1805.jpg

21世紀になってもう15年が過ぎようとしている。
何か無駄に歳(馬齢)ばかりを重ねたなという感じ。

とりあえず、今年も無事にこうして暮らせたことを感謝して
一年を終えたいと思います。

当ブログのお客様、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。



posted by 山口屋散人 at 20:42| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

笑えぬ傑作


DSCF3520.jpg

朝、お店に来たらヘルメット姿のガス会社の社員が数名モサモサやっている。
ガスが何処からか漏れているのは分かっていたのだが、以前調べてもらった時は
特定が出来なかった。
ここのところ、匂いがきつくなったので、漏れが激しくなったのかなとは思っていた。
しかし、わが店のメーターには無関係なのでほっといたら、近所から通報があったそうだ。

そしてわが家の敷地をいじる必要があるとのことで、連絡方法を探っていた所だった。
「近所の方に、ここのお店やっているんですか?と聞いたら、やっているっていうんで
お出でになるのを待ってました。」とガス会社員の話。(思わず苦笑・・)

まぁ、玄関口にはペンペン草が生えているし、玄関戸はガラスが割れているのを
セロテープでねっぱしてあるし、そもそもボロいし、そう思うわよなー。
(小生ですらそう思うけど、こういう店なのよ、この店は。)

家人に笑って話を教えてやったら、「笑えないよ、何とかしろー」だって。
家人は常日頃、「どこかの知らない町でお腹が空いていたとしても、うちの様なお店には
絶対入らない」って言っている。 (確かに入るには勇気がいるわなw)

posted by 山口屋散人 at 21:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

ついに・・・


DSCF3513.jpg

ついに・・と言うべきだろう。
何でもない有名メーカーの胡椒なのだが、地元の食材屋さんで買えなくなった。
何故か!
売れないので、置いてないのだそうだ。
「あれ? この間までもらっていたんだけど・・」と言うと、
実は県内の別の支店から取り寄せていたとのこと。
だから、今、在庫切れで明日か明後日になりますが・・と毎回なった訳だ。ふ〜ん。

何年か前、ソースカツ丼に使うソースも、同じように手に入らなくなった。
だから困って、今は東京から直接送ってもらっている。
(面白いことに、小さなソースメーカーが東京には30社くらいあるみたいだ。)

では、何故売れないのか。
答えは簡単明瞭。高いのだ。値が。
上記画像のメーカーの胡椒は、よくあるG社のざっと倍くらいするが、一人で使う量など
高々知れたものだと思う。(分析したことなどないが。)
であれば、おいしい物のほうが良いではないか。

ソースの場合であるが、値は3割ほど高かった。
つまり、他の物は100円で買えるが、それは130円くらいしたのだ。
秀逸のソースを3割増しくらいで手に入るのだが、そうは普通考えないらしい。

で、運賃をかけて調達する物がまた増えてしまったという、おそまつ話。




posted by 山口屋散人 at 20:50| Comment(2) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

子供たちが遊んでいる・・って


DSCF1795.jpg

DSCF1796.jpg

oneファミリーでなく、数家族の子供たちが遊んでいるという風景は久しぶりに見た。
この違和感は何なのかと思えば、震災以後の生活には見られなかった光景だ。
かと言って、復旧が進んでいる訳では勿論ない。
慣れてしまっているという事だろう。
しかし、無邪気な会話のやりとりには、思わず頬がゆるんでしまった。
子供は国の宝だなぁ、と年寄りくさく思ったりもする。

この子達の年齢は10歳前後であろうが、そうすると小生と50年も違う。
とりあえず大過なく生きながらえてしまった小生の50年を、この子達もそうであるのだろうか。

そういうことでは、ひどく心配なんだけど。
「good luck!」と祈るだけ。

(久しぶりに愛犬のかつての散歩コースに戻った朝 )



posted by 山口屋散人 at 22:57| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

やってみんべ!

「司、司に任せれば良い」と竹下さんはのたまわったが、小遣いに不自由している
小生はそうも行かない。自力で可能ならば、自力本願で。

車のメーターパネルのバックライトが調子悪い。
LEDに交換可能らしいので、やってみた。

DSCF2251.jpg DSCF2254.jpg DSCF2255.jpg

とりあえず、七つのバルブをLEDに差し替えてみた。

DSCF2257.jpg

大きいバルブは黒ずんでいる。だから薄暗かったのだ。
しかし、LEDは電極が違うと点灯しないのだが、昼間は確認しにくい。

DSCF2259.jpg

まあ、こんなものか。
また、調整する必要が出るかもしれないので、少しの間パネルカバーは外したままにしておく。

DSCF2249.jpg DSCF2246.jpg

先日夜間に走行中、ハザードのスイッチの場所が分からずに???となった。
バックランプが切れていたためだ。
ところが、こんなランプはどこを探してもない。
手作りするスキルは無いので、中古品を手に入れた。
一時は夜光塗料でも塗っておくかとまで考えたのだが、これも一件落着。

posted by 山口屋散人 at 19:39| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

これで直りゃ・・


DSCF2242.jpg

点いたり消えたりしていたナビとバックビュー。
とうとう点くことがなくなってしまった。
ヤフオクを見ていたら、あら、こんな部品が手に入る。しかも2000円弱。
送料と手数料を含めて、3000円くらいならダメもとでトライ。

DSCF2243.jpg

車って、つくづく張子の虎なんだなといつも思う。
で、交換終了。
エンジンをかけてみる。

DSCF2244.jpg

失敗。 反応なし。う〜ん、がっかり・・

実はスイッチ類のバックランプや、メーターのランプがアチコチ切れてきたので、交換するべと
物色していたら、たまたま有ったので、やってみたのだが、そうは問屋が・・だった。
電球の交換は後日、時間をくいそうなので休日にすんべと思う。





posted by 山口屋散人 at 20:35| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

酒飲み読書


DSCF1739.jpg

文庫本を読むのに老眼鏡が必要になってから、あまり分厚い本には手を出さないようになった。
600頁近い本は何年ぶりだろうかという有様である。
しかも酒飲みの目のおつまみであるから、一日に10〜30頁がやっと、それも時々別な本に
浮気をしながらなので、一月以上かかってしまった。

この本で、艦上戦闘機、艦上爆撃機、艦上攻撃機のそれぞれの特徴と、巡航速度というのは
最小の燃料消費で飛んだ時の速度だということを教えられた。

中古本屋さんで購入した物で、作者に印税が入らないのが、何か悪い気がしないでもない。



posted by 山口屋散人 at 05:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

半世紀近く前はアスリート


DSCF1751.jpg

二年ぶりに高校の陸上部の同期会が開かれた。
一昨年に初めて開かれ、それ以来の2回目である。

その間に残念ながら一人は遺影での参加となってしまった。
肝臓がんだった。

いわゆるインターハイは陸上競技の場合、高校ごとの個人と団体(リレー等)の得点により
優勝高を決める。1位は6点、6位は1点という具合に。

この10人のメンバーは、福島県大会において三年間負け知らずであった。
さすがに一年生の時には先輩の得点だけで優勝したわけだが、その翌年は楽勝。
三年生時は故障者などで冷や冷やものだったが、なんとか僅差で逃げ切った。

陸上競技部はその後、何人かの優秀なアスリートを輩出したが、団体としての
各校対抗戦で総合優勝したのは、この年(s45)が最後のはずである。

画像左端でひときわデカイのは、現在、福島県陸上競技協会の会長職。
(こういう連中と酒を飲んだ翌日は当然ふつかよいでドタマがガンガン痛え!)




posted by 山口屋散人 at 17:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

予約 1号  


DSCF2225.jpg

先日、御来店のK氏御夫妻、奥様がさっそく見つけてご鑑賞。
「これって・・本物?」
「う〜ん、たぶん本物だと思うんだけど・・」
梁塵秘抄の有名な一節だが、優雅な筆使いが気に入っている。

競馬で稼いだ資金で何とかなるだろうと、オークションに参加。
しかし、終了時間が悪い時間だった。
完全に酔っ払っている時間帯にかかってしまっている。
こういう時は歯止めがききにくい。

想定落札価格は軽く突破してしまい、どこぞの誰かと一騎打ち!
なんとか振り切って落札したが、大赤字だった。

DSCF2223.jpg

この書を御気に召した前述の奥様はこうのたまわった。
「これを手放すような時があったら、次は私が引き取ります」

あらら・・予約が入っちゃった・・



posted by 山口屋散人 at 16:06| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする