2016年02月07日

森合の筆子塚

 
森合運動公園に隣接して、ふたつやま公園がある。
そこにある地図案内板は森合地区の史跡案内版でもあった。

DSCF2286.jpg

我が家から徒歩1分の辺りに「筆子塚」とある。
ここいら辺はワンコの散歩で頻繁に通るのだが、気づいたことはない。
筆子塚とは、要は寺子屋の師匠がお亡くなりになった時に、教え子たちがその遺徳を
しのんで建てた供養塔である。
はて、宅地化がすすんで、どこぞの家の塀の中か・・とすると見られない・・

ということで、過日市立図書館に出張って、「森合郷土史」という本に頼った。
監修は安斎昭三先生で、小生が高校時代に倫理社会を習った方だった。
(余談ながら海兵出身なので、よくその話を聞かされた。確か昨年逝去された。)

それによると、小さな墓群の中にあるらしい。
ということは、少なくとも誰かの家の塀の中ではなさそうだ。
とすれば、あそこの一画にあるに違いない。

DSCF2325.jpg DSCF2326.jpg DSCF2322.jpg

畑の周辺をよく観察すると、何となくそれらしいのが見つけられる。
畦を通らせてもらって近づく。
(住宅地の中の畑は、他の家の庭先を通るようで、それなりに気を使う。)

DSCF2324.jpg DSCF2323.jpg

「筆弟中」という字が読み取れる。これに違いない。
菅野家とあるが、この近くに中学校長を勤められた方がおられるが、関係者なのかも。
場所は特定できたので、あとはワンコ抜きにして、ゆっくり見させてもらおうと思う。

posted by 山口屋散人 at 14:01| Comment(2) | 福島 | 更新情報をチェックする