2016年05月30日

米沢市けいゆ南陽市


S0022087.jpg

午後から米沢市に出張り、「栗子ハイウエイ開通50周年記念シンポ」に行く。
当ブログに時々コメント投稿してくれる黒パン党こと鹿摩貞男氏の講演を聞きに
いくためだが、こういう会場での写真撮影は、どうすんだ?っていうくらいに
難しい。オートでばかり撮っていたツケがまわってきた。

講演が終わったので、スタコラ脱走。この後催されるシンポは苦手だ。
米沢市から南陽市へと向かう。

DSCF2570.jpg

高台に設けられたハイジアパーク南陽という公共温泉施設に着く。

DSCF2567.jpg

ちょっと方向は違うが、「東洋のアルカディア」とバードちゃんがのたまった風景の一部。

DSCF2560.jpg

DSCF2562.jpg

DSCF2565.jpg

DSCF2564.jpg

一角に設けられた記念コーナーなので、元々期待はしていなかったが、それでも
朝鮮を旅した時の通行許可証や学会申請の自筆の書などが展示されていた。
当時の服装はこんなものとの展示は彼女のものではなく、ただのサンプル。
展示されている本が欲しいなと思い、売店の中を探すが無い。
受付で聞くと、バード関連の物は一つも無いという話。
で、あれば・・と温泉へと切り替えて、お風呂へと向かう。
ちなみに入館料は540円だった。


posted by 山口屋散人 at 04:46| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

頭かいかい!

この頃、と云うよりずーっとそうだったような気もするが、
頭がかゆくて仕様がない。

「あたま、かい〜〜なぁ〜」とほざくと、家人は平気な顔で
「きっと、白髪になるんじゃないの、きっとそうだよ」
「るせ〜! もうなっとるわい!!」
という会話がいつもの例であった。

ある時、ドラッグストアで「ふけとかゆみに効く」というシャンプーを
買ってみたのだが、余計に反応する始末。
歳をとってきて、色々と体に変調が出始めているのだろうかと疑心。

DSCF2039.jpg

今月に入り、いっそのこと、これで試してみんべとボディシャンプーで洗ってみる。
子供の頃、シャンプーなんか無い時代には、固形石鹸で頭をごりごりして洗っていた。
翌日は歌舞伎の石川五右衛門みたいにバッサバッサになったものである。
そうなるのかと、ちょっと恐ろしかったが、何としたことか、効果抜群。
かゆみが激減したのだ。髪の落ち着きもよい。
既に10回以上、このボディシャンプーを試しているので、間違いのないところだ。

このメーカー、牛乳石鹸共進株式会社というのを調べてみたら、頭髪用のシャンプーも
あるようなので、手に入れてみんべと思っている。

posted by 山口屋散人 at 07:33| Comment(6) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

車中泊 行き当たりばったりの旅

15,16と日曜と第三月曜ということでお休みである。それに17を臨時休業として
三連休とさせてもらった。

季節はいいし、さて、どこに行ぐんべ? と、北に針路をむける。
何となく、恐山あたりに行けねべか、と無謀にも考える。

DSCF2496.jpg

14日、営業を終えてから、走れるだけ走り、距離を稼ぐ。
本日の泊りは東北道、前沢SA。

DSCF2505.jpg

翌朝の朝食。サービスエリアは朝食が摂れるのでありがたい。

DSCF2514.jpg

八戸道を抜け、十和田市へ。 独特なアーケードだ。

DSCF2518.jpg

道の駅、奥入瀬から見る、八甲田山系。

DSCF2527.jpg

定番の奥入瀬渓流にて、パチリ。

DSCF1949.jpg

DSCF1955.jpg

十和田湖の乙女の像までは、けっこう走る。しかも、歩く距離も長い。
このまま、十和田湖を半周する形で、弘前市へと抜ける。
本日の泊りは弘前市の道の駅。すぐ隣接して温泉施設があり、お風呂に恵まれた。

DSCF1982.jpg

DSCF1986.jpg

DSCF1972.jpg

DSCF1988.jpg

DSCF1993.jpg

弘前市はどこに行っても、御岩木山がついてまわる。
歌でしか知らない岩木山が見られて大満足。

DSCF2549.jpg

DSCF2551.jpg

隣村の田舎館に弥生時代の水田があり、弥生人の足型が残っているという。
見てくんべとせっかく出張ったのに、休館日だった。あちゃー!

DSCF2036.jpg

恐山はとてものこと遠すぎる。
帰りを考えると、八幡平を通って盛岡市に抜けるのが良さそうと判断。
アスピーテラインという元有料道路を通って、一路盛岡市へ。
南部富士と言われる岩手山が歓迎してくれた。

盛岡市にて、翌日の天候を調べてみたら、雨っぽい。
人間だけならよいのだが、ワンコがいると色々めんどう。
もう、たくさん、見学をした気になっていたので、頑張ってそのまま
福島に帰ることにした。
弘前市から福島市まで、一日で帰ってきたことになる。
およそ出発から50時間の旅で、走行距離は約1000キロだった。
食事はサービスエリアで3回、ガストで2回、その他で2回。
ガソリン代と高速代とで約2万。施設入館、入園料金が約5千円。
宿泊費が無料とはいえ、けっこう掛かるものだ。



posted by 山口屋散人 at 07:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

はるじおん

DSCF3540.jpg

DSCF3541.jpg

DSCF3542.jpg

時々、水などをやって育てていたら、ハルジオンだった。
ただ、場所が店の前だから、ちと何ではあるのだが・・


DSCF3546.jpg

店のパソコンが席を離れているうちに勝手に WIN10 に乗っ取られてしまった。
MSはビッグデータを収集して、何をやらかそうとするんだべ。
確か30日以内であれば、元に戻せるはずだから、少し使ってみんべ。

posted by 山口屋散人 at 06:31| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

あれっ! 一切経に行けね・・




風が強い。
何度も木道から落とされるほど強かった。
風が嫌いな尾崎放哉なら、怒ってしまうほど強かった。

スカイラインの通行だけ気にかけて、登山道には無関心だった。
浄土平から一切経山へは3コース有る。
直登コースは以前から通行禁止だが、酢ヶ平コースも禁止だった。
一番遠巻きに登る、姥ヶ原コースの往復となる。

DSCF2490.jpg

DSCF2472.jpg

魔女の瞳も良いが、この雪解けの時期の鎌沼の神々しさも特筆ものだ。

DSCF2478.jpg

酢ヶ平の避難小屋まで来ると、あれっ! ここから通行止め。
しばし途方にくれる。
気を取り直して、魔女に会えなければ、山姥にでもおめもじすることに。

DSCF2488.jpg

お参りしてきたのに、この山姥は帰りのコースでいたずらをしてくれた。
道に迷ったのだ。
あまりに風が強く、下ばかり見ていて、残雪の踏み跡を辿っていたら、
本来の道からずれてしまっていた。
東に下れば良いのだが、コンパスの用意もない。
日陰と時間を計算して、樹林帯を東方向を目指す。
危険なのは沢筋の雪洞を踏み抜くこと。
雪解けの時期は大小の沢が出来る。
本日は単独行だから、より慎重に藪をかきわける。

DSCF2493.jpg

こんな所で30分も彷徨ってしまった。
ま、合法的に藪歩きを山姥様がプレゼントしてくれたのかも。

posted by 山口屋散人 at 05:55| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

ひなげし


IMG_20160505_084214.jpg

除染の影響だと思うが、しばらく姿を消していたナガミヒナゲシが、今年はあちこちに
見られるようになった。震災前の姿に戻ってきたのなら、喜ばしいのだが・・

DSCF2457.jpg

連休中に帰省した友人との飲み会。
この連中との付き合いも半世紀。命と人生の洗濯。
ともあれ、GWが終わってよかった。


posted by 山口屋散人 at 06:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

にわ


DSCF1914.jpg

DSCF1915.jpg

昨年は荷物の片付けに翻弄され、庭の手入れは後回しにされた。
車を置けるように、移動や伐採をしただけだ。
休みの日は、天気がよければ遊びに出てしまうので、なかなか時間が取れない。
暖かくなったのだから、早起きして、少しずつでも手入れをすることにしよう。
屋根のペンキ塗りもせにゃいかんばい。



posted by 山口屋散人 at 07:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

あめ・・


DSCF2451.jpg

ゴム製の軽アイゼンを手に入れたので、「魔女の瞳」におめもじしてくんべと
思ったのだが、朝から雨。う〜ん、こりゃダメだ。

こういう時には、かねてからの宿題でも、と考えて、山形県の南陽市に。

DSCF2450.jpg

イザベラバードが、ここいら辺の道中したものがないのかなと思っていたら
ちょうどに書いてくれている人がいた。
しかし、どうも読み進めない。読みにくいのだ。
難文というわけでもないので、多分、この著者と相性が悪いのだろう。
それでも読了。
南陽市にハイジアパーク南陽という施設があり、そこにバードの記念コーナーがある。
それでも見てくんべと思ったのだが、

スナップショット_001.jpg

着いた時は土砂降り。おまけに腹がすいた。
レストランはあるのだが、時間外。
街中に戻って、有名ラーメン店が雨のために案外空いているかもと期待したが
長蛇の列。う〜ん。
結局、ショッピングセンター内にある福島が誇る1部上場企業のラーメン店に。
そして、同じ敷地内にあるリサイクル店をあさる。
(ご当地、リサイクル店は面白い。所変われば品変わるを地でいっている。)
そうこうしているうちに、何かどうでも良くなり、バードちゃんはこの次に
しようかと思いだしてきて、七ヶ宿ダムを通るコースで帰ることにした。

雨にたたられた一日だったが、帰ってきてみたら良いこともあった。

tennosyo0501.jpg

天皇賞を馬単で100円だけゲット。総流しが成功した。




posted by 山口屋散人 at 06:53| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする