2016年05月22日

車中泊 行き当たりばったりの旅

15,16と日曜と第三月曜ということでお休みである。それに17を臨時休業として
三連休とさせてもらった。

季節はいいし、さて、どこに行ぐんべ? と、北に針路をむける。
何となく、恐山あたりに行けねべか、と無謀にも考える。

DSCF2496.jpg

14日、営業を終えてから、走れるだけ走り、距離を稼ぐ。
本日の泊りは東北道、前沢SA。

DSCF2505.jpg

翌朝の朝食。サービスエリアは朝食が摂れるのでありがたい。

DSCF2514.jpg

八戸道を抜け、十和田市へ。 独特なアーケードだ。

DSCF2518.jpg

道の駅、奥入瀬から見る、八甲田山系。

DSCF2527.jpg

定番の奥入瀬渓流にて、パチリ。

DSCF1949.jpg

DSCF1955.jpg

十和田湖の乙女の像までは、けっこう走る。しかも、歩く距離も長い。
このまま、十和田湖を半周する形で、弘前市へと抜ける。
本日の泊りは弘前市の道の駅。すぐ隣接して温泉施設があり、お風呂に恵まれた。

DSCF1982.jpg

DSCF1986.jpg

DSCF1972.jpg

DSCF1988.jpg

DSCF1993.jpg

弘前市はどこに行っても、御岩木山がついてまわる。
歌でしか知らない岩木山が見られて大満足。

DSCF2549.jpg

DSCF2551.jpg

隣村の田舎館に弥生時代の水田があり、弥生人の足型が残っているという。
見てくんべとせっかく出張ったのに、休館日だった。あちゃー!

DSCF2036.jpg

恐山はとてものこと遠すぎる。
帰りを考えると、八幡平を通って盛岡市に抜けるのが良さそうと判断。
アスピーテラインという元有料道路を通って、一路盛岡市へ。
南部富士と言われる岩手山が歓迎してくれた。

盛岡市にて、翌日の天候を調べてみたら、雨っぽい。
人間だけならよいのだが、ワンコがいると色々めんどう。
もう、たくさん、見学をした気になっていたので、頑張ってそのまま
福島に帰ることにした。
弘前市から福島市まで、一日で帰ってきたことになる。
およそ出発から50時間の旅で、走行距離は約1000キロだった。
食事はサービスエリアで3回、ガストで2回、その他で2回。
ガソリン代と高速代とで約2万。施設入館、入園料金が約5千円。
宿泊費が無料とはいえ、けっこう掛かるものだ。



posted by 山口屋散人 at 07:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする