2016年06月28日

予報を予想に変更すべし


気象台の朝5時発表の天気予報を見て、装備を整える。
山形県との県境であるから、山形県置賜地方の予報もチェックする。
両方とも、OK である。
雨の装備は要らないみたい。
もとより高山ではないので、大丈夫だろう。

出発するころになって、霧雨がチラチラ。
ま、回復に向かうはずだから、と気にしない気にしない。
下界は最高28度の予報だから、むちゃくちゃな暑さではないだろうが
半袖シャツで歩き始める。

DSC_9596.jpg

ここいら辺までは、何とか余裕。

DSC_9757.jpg

ここに至るまで、覆いかぶさった草木の洗礼を受ける。
回復に向かうはずの天候が、どんどん降り出して来る。
傘など役に立たない。びしょ濡れ。
おかげで、70センチの深さだったそうだが、気にしないで渡れた。
およそ80メートルの渡河。

DSC_9902.jpg

震災後に初めて入ったのだが、あまり変わりは感じなかった。
気温13度。ガタぶるで、歯の根が合わないという感じだった。

気象庁の予報は競馬新聞の予想程度に思って、甘い装備をしてはいけない、という
今更ながらの教訓が身に染みた。
この日、下山するまで一日中、雨。

(写真提供 矢内靖史氏)



posted by 山口屋散人 at 18:37| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

栗子隧道に御目文字


久々に栗子隧道に会いに行ってきた。




posted by 山口屋散人 at 04:13| Comment(2) | 福島 | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

備忘録 にほんかい

18日の夜、シャワーを浴びて出発。
山形県小国町の道の駅「白い森おぐに」にて車中泊。
ここは通算三泊目。
なるほど、名前の通り、早朝はいつも白くモヤっている。

IMG_20160619_052203.jpg

次の新潟県関川村の道の駅で、温泉に入るべと思ったら、やたら混んでいる。
関川マラソン大会とかち合ってしまった。朝風呂はとても無理っぽいので断念。

DSCF2584.jpg

村上市のガストにて朝食。

DSCF2590.jpg

日本海を北上。

DSCF2593.jpg

酒田市にて、山居倉庫の周辺を歩く。

DSCF2602.jpg

DSCF2610.jpg

DSCF2606.jpg

DSCF2605.jpg

秋田県にかほ市まで足を伸ばし、白瀬南極探検隊記念館を見学。

DSCF2621.jpg

本日のお泊りは、これまた三回目となる、お気に入りの象潟の道の駅。
晴れていれば、鳥海山がきれいだし、海はきれいだし、夕日を見ながら温泉には
入れるし、風呂上がりに酒も飲めるし、トイレもきれいだし、向かい側にはガストもあって朝飯も食える。
ただし、夜になって雨にたたられた。豪雨だった。
車中泊は雨に弱い。出る入るに一苦労。

DSCF2626.jpg

帰りは新庄市から南下。南陽市にて地元スーパーに入り
ご当地お土産を仕入れる。
まぁ、だいたいいつもこれなんだけどね。

DSCF2638.jpg DSCF2639.jpg


posted by 山口屋散人 at 20:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

あらら・・おんなじだよ


DSCF3552.jpg

業界の全国組織は日本麺類業団体連合会(略して日麺連)という。
今月号の機関誌は表紙に白河市のそば処 金勝寺さんの蕎麦が載っている。
金勝寺さんとは以前、県の組織の仕事を一緒にしたことがあり旧知である。
載っているのは蕎麦だが、久しぶりに本人にお会いしたような感じ。

DSCF3551.jpg

ページを開くと
日麺連の会長をされている上野やぶ蕎麦の鵜飼さんが本を出したみたいだ。
題名は「そば屋のおやじのひとりごと」・・・あれ?
どっかで聞いたような気がするのは、気のせいか。
鵜飼さんとは30年前の北京で、一緒のバスに乗ってあちこち見てまわったが
こっちは知っていても、向こうはこっちを知らないという関係。
そりゃそうだわさ、ね。



posted by 山口屋散人 at 21:18| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

人生の旅立ちにて


本家(祖父の実家)で、お葬式が出来、午後から列席。
本家と言えど、代が下がってくると自然と疎遠になり、当主以外の家族は
道で出会っても分からない。

亡くなった方の初孫という小柄な娘さんが弔辞を読んだが、
思わず涙が流れてしまった。

式が終わり、親戚と挨拶をかわすと、
「○○ちゃんの見たか」という。
姿を見たか、と聞かれたのかと思い、
「そういえば、来ていないみたいだね」と言うと
新聞の訃報欄を見たかと聞いたらしい。
昨夜、亡くなったとの話。
病気療養中であるという話は全く聞こえてこなかったので驚く。
小生の高校時代、東京教育大を出て、西女子高の陸上部監督をやっていた。
あの頃はまだ20代で、走っている姿が思い出される。
もう一つ、お葬式が出来てしまった。

posted by 山口屋散人 at 05:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

にっぽん代表


エースナンバー10を付けているのに、ご機嫌ななめ。
そんなことはどーでもいいって?

DSCF2572.jpg

DSCF2573.jpg

DSCF2575.jpg

posted by 山口屋散人 at 18:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

すくらんぶる発進


DSCF2109.jpg

DSCF2096.jpg

DSCF2112.jpg

わが店に飛来したので、迎撃戦闘機をスクランブル発進して、撃墜!

何という蜂か調べてみようと、調理場の片隅にオブジェとして飾っているのだが
三日過ぎても、また調べてない。
時々、自分で飾っておきながら、近くに来ると、ドキッとする始末。
けっこう迫力があるのだが、この写真で伝わるべが。

posted by 山口屋散人 at 21:17| Comment(3) | 雑事 | 更新情報をチェックする