2016年09月29日

手荷物検査で 「ぶー!」


飛行機に乗るのは実に29年ぶり。
チケットの買い方も分からないが、乗るまでの手続きも分からない。
たまたま偶然、福島から向かう同期生が一緒だったので、後をくっついていった。

そしたら手荷物検査で 「ブー!」

DSCF2879.jpg DSCF2880.jpg

ボディバックに入れておいた名刺大のビクトリノクスのスイスカードが「ブー!」

預かり荷物にするしかない、とのことだったが、面倒だから、急遽戻って
コインロッカーに入れる。
ロッカー代金は二日間で600円だったが、これを買うと2000円はする。
まぁ、こんなものでも凶器にはなると言えばなるわな。

posted by 山口屋散人 at 16:58| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

札幌 1宿4飯の旅


DSCF2844.jpg

去年は飯坂温泉で開いた高校陸上競技部の同期会。
飲んだ勢いで、来年は札幌か、とあいなった訳だが、実現した。

札幌市在住のSと常任幹事役のAが設定。
25日の日曜日、午後6時からの宴会に間に合うように集合。
翌26日の朝、解散。会場は定山渓温泉グランドホテルという条件。

そのため、26日(月)は臨時休業とした。
常連のお客さんには
「飛行機が欠航となったら、次の日も休みです。
もし落っこちたら、ずーっと休みです」と言っておいたのだが、
恥ずかしながら、無事に戻ってきた。

北海道は40年ぶりなので、26日は仙台行最終便を予約。
あちこち回るはずだったのだが、二日酔いがじわりじわりと来て、
気分が悪く、レンタカーの中で寝ている始末。
(しかもニュースになるほど札幌市は暑く、クーラーをかけながら)
前回もそうだったので、札幌市=二日酔い のイメージ完全定着確定。
夜中まで酒を飲んで、夜明け前に騒ぎ出すという、柔道部の重量級の
ような連中と酒を飲んではイカン、とサルでも出来る懲りない反省をする。



posted by 山口屋散人 at 05:40| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

やってみんべ

DSCF3578.jpg

こういう椅子って、どこかで直してくれるもんなのか知らない。
調べもしないで、ほっといたのだが、内心、ちょっとナーとは思っていた。

3年ほど前にホームセンターで、椅子のシート生地を見つけたので購入。
2脚分で千円程度。
しかし、修理の自信がないし、そもそも図画工作は苦手。
特に見映えの要求されるものはダメ。

雨の日曜日。普段できない雑用を片付けるべき日だ。
思い切って、手を付けてみた。

DSCF3580.jpg DSCF3582.jpg DSCF3586.jpg

シートをはがす作業が思いの外手間取った。
約一時間の作業のうち、8割ははがす作業だった。

DSCF3588.jpg

原価500円なら安いもの。
しかし修理が必要なのは、あと3つくらいあるが、しばらくやりたくない。

posted by 山口屋散人 at 06:03| Comment(4) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

やっと涼し

DSCF2800.jpg

DSCF2799.jpg

やっと大工仕事をしても良いかな、という気温になってきた。

車中泊を何回かやったが、凸凹を毛布や座布団で調節しても、
何時間か横たわるとあちこち痛みが出る。
やはり板を渡すべきかと考える。

コンパネを二枚買ってきて、夫々60センチ幅で切断。蝶番でつなぎ合わせる。
合板のあの独特の臭いがいやだったのだが、針葉樹のコンパネはさほどでない。

とりあえず、セットしてみたのだが、どうだべし?


posted by 山口屋散人 at 19:30| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

レセプション


DSCF2792.jpg

今年は意識的に会合を避けてきた。
しかし、これは出ない訳にはいかんだろうと、重い腰をあげる。

業界の県組織の理事長を20年つとめあげ、今年交代した紺野氏の歓送迎会。
誰がやっても、ダメであろう失われた20年で、わが組合に限らず、どんな
およそ組合と名がつくもの全てが衰退していく年月だった。

この会場以外に、2軒ほど回ったが、うどん屋が本業の店で、しっかり
うどんを食べたせいか、二日酔いから逃れた。


posted by 山口屋散人 at 08:23| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

こんな値段だったのけ?


DSCF2789.jpg

永年使用してきたプリンターが動かなくなった。
警告ランプの点滅回数から判断すると、ヘッドがいかれたらしい。
年に何度も使わない。下手すれば、一度、年賀状だけだったりする。
それでもケチって、互換性の安価なインクを使ったせいか、と反省。
あきらめて、プリント機能だけの安い、一万円位のものを買うかと覚悟。
電気店やPCショップに行く時間がないので、とりあえずアマゾンで物色。

DSCF2791.jpg

コピーとスキャナー機能がついて、一応複合機。
これで、6千円ちょぼ。
いつの間にか、こんな状況になっているのに驚く。
壊れたプリンターは、2003年製だったみたいだから、もう13歳だったんだ。

posted by 山口屋散人 at 07:30| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする