2018年05月07日

震災以来のご対面 赤岩廃隧道

DSCF3443.jpg

奥羽線赤岩方面へ、フキでも採りに行くべと出掛けてみた。
そのついでと言ってはなんだが、廃隧道はどうなっているか行ってみた。

DSCF3447.jpg

旧7号隧道の側壁。ここ20年くらいで、急速に劣化している感じ。

DSCF3451.jpg

無事に穴を潜り抜けて、中に入る。
何やら異音がする。以前はいなかった蝙蝠が驚いて飛び交っている。
その数は10羽(匹?)ではきかなそうだ。
フラッシュを使って適当に撮ってみたら、一羽だけ写っていた。

DSCF3455.jpg

その先の旧6号隧道は草に埋もれていた。
この隧道は、以前から何の警戒心も抱かずに入れる。

DSCF3457.jpg

中に何かの足跡のようなものがあった。
ひずめではなさそうだが、月面の第一歩みたいな変な足跡だ。

DSCF3459.jpg


対岸の旧5号隧道は、草木に邪魔されて一部しか見えなくなってしまった。
二代目5号の出口など、まるで見えない。
これが目的であるならば、この時期ではないのだなと改めて思った。


posted by 山口屋散人 at 06:58| Comment(3) | 福島 | 更新情報をチェックする