2018年08月11日

紙エプロン


IMG_1228.jpg

夏だろうが冬だろうが、食べる人は食べる「カレー南蛮そば」

ただ、ときどき悲劇が発生する。

ポチッとはねて、白いワイシャツに付いたり、ネクタイに染みをつくったりする。

カレー粉のシミは落ちないので、白い物を着ているお客さんには、紙エプロンを
提供するようにしている。

画像のお客さんは常連さんだが、前回提供した物をカバンにしまいこんで、又
再利用してくれている。
常連さんはアリガタイという実例でもある。


posted by 山口屋散人 at 17:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする