2020年05月30日

にちじょう

DSCF0825.jpg

今年も家人のお気に入りのバラが咲き誇る。
東浜町から一緒に移住したものだが、こちらの生活になじんだようだ。


DSCF0823.jpg

ドブサライは「溝浚い」と書くらしい。
この用水路の脇道を、お散歩の時によく通る。
誰がするのか知らないが、どぶさらいをしたようである。
と言っても、汚泥ではなく、砂以外は見当たらない。
ということは、流れる水のほとんどが湧き水ということのようだ。
だから、雨の日でも濁ることがないのだろう。
かつての福島用水など、こうやって流れていたのだろうか。

posted by 山口屋散人 at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

先日の

フキ採りの途中で、こんなものを見つけた。

DSCF3725.jpg

天然のキクラゲというのはざらに在るらしいのだが、これか?

とりあえず写真だけ撮って、後で調べんべと思った。
ところが、よく分からない。
キノコには手を出さないほうが無難のようだ。

posted by 山口屋散人 at 19:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

本年初サル

DSCF3723.jpg

画像の中央に注目。

DSCF3721.jpg

追われた元ボス猿だろうか。
歳をとっている感じ。

DSCF3717.jpg

本日は各種の収穫の日。
先ずは庭の梅の実。


なんでも鑑定団を見て、フキを採りに行く。
上のサルはその途中の産物。

DSCF3728.jpg

収穫、上々。

DSCF3727.jpg

ついでに採ったウルイで、これから一杯をいっぱい。

posted by 山口屋散人 at 20:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

ももりん

IMG_2616.jpg

「まちづくりセンター」が、イベント中止のポスターを持ってきた。
その時に、マスク用にと頂いたもの。

センターで企画したものか、売り込みがあったのか、気になるところだが
日本人って、こういうの考えるのが好きなんですな。

posted by 山口屋散人 at 20:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

久しぶりに買い物へ

DSCF3714.jpg

信号で先頭待ち。
対抗車線に見慣れぬオートバイ。
助手席の家人と、三輪であるか四輪であるか話題に。

DSCF3715.jpg

三輪であったが、車検はどういうふうになるのだろうか。


🐶


この後、地元上場企業のラーメン屋さんに行ったのだが、びっくり。
三時過ぎとはいえ日曜日。
時々おじゃまするが、いつもこの時間。
席空き待ちをすることはないが、いつも混んでいる店だ。
それが何と、貸し切り状態。
食べ終わる頃、おひとり様がやっと来店。
でかい企業だから経産省の持続化給付金くらいでは焼け石になんとか。
大丈夫かいなと心配になった。


posted by 山口屋散人 at 13:33| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

れあ

DSCF0787.jpg

ワンコのお散歩であちこち歩きまわると、色々な物に出会う。
これなど、若い人は何か分かるだろうか。

これが木製であれば、(残っているわけもないだろうが)超貴重品だ。


posted by 山口屋散人 at 20:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

どなんすべぇ

IMG_2602.jpg

以前から、そこにあったように不思議と落ち着いている。
こんな噴霧器を各テーブルに置くという、異常さなのだが
装置の可愛さが、救ってくれているのかも知れない。


🐶


目が悪く、車の免許が取れなかった義父は、庭の中央に
イチジクの木を植えていた。
結構、収穫も出来たのだが、駐車場に使うために伐った。

しかし、挿し木をしてみて、根が付いたものを庭の隅に
植えておいたのだ。

IMG_2601.jpg

IMG_2598.jpg

まだ細く、背も足りないが、初めて実をつけた。
しかも2個もだ。

木の成長を期するために摘果すべきなのか、どうか迷う。
調べてみないといけない。




posted by 山口屋散人 at 18:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

やれることはやる

IMG_2594.jpg

明日からのお店の再開にそなえて、充電中。
これを各テーブルに一個ずつ置いておく算段。

IMG_2597.jpg

例の次亜塩素酸水をこれで放出する。

ここまでやるか、という塩梅かも知れないが、やれることはやる。






posted by 山口屋散人 at 08:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

営業再開に備えて

カエシさえあれば、出汁はその日に取ればよい。
蕎麦もその日に打てば良い。

でも中華麺の場合は、少し時間差がある。、
我が店の場合、打ってから60時間経てば、自信を持って提供出来るのだが、
案外、上手く行かないことが多い。
逆算して、月曜日の提供であれば、土曜日あたりかと妥協して計算する。

IMG_2592.jpg

実に久しぶりの感覚だった。
こんなに空いた経験はない。
体が体得しているので、迷うことは無いのだが、新鮮だった。

お店的には、3個あれば間にあう、という時もある。
かと思うと、30個近く出る時もある。

わが家は何屋だと思わないでもないが、何屋でも良い。
お客さんが来てくれるだけでも良いとしなければなるまい。


posted by 山口屋散人 at 21:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

こえぇー

DSCF3706.jpg

お店の二階の屋根は、割合平気で登れる。
それに比べると自宅の二階の屋根は別格だ。
しかし、猶予の無い状態である。

先日、店の屋根のペンキ塗りをして、ある事に思いついた。

DSCF3707.jpg

DSCF3708.jpg

団地なので、高い建物が無い。
だから、余計に高く感じるのだ。
お店の二階の屋根だと思って、登ればいいわけだ。
とはいえ、端っこの部分は怖いので、ロープを装着した。

DSCF3709.jpg

足腰がへたる前に、端っこを攻略。
坪数にして、12,3坪くらいだと思うが、4時間かかった。

DSCF3711.jpg

DSCF3712.jpg

こんな手で、食べ物を作るわけにはいかないから、お店再開までに落とさなければ。



posted by 山口屋散人 at 17:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

ちち(遅々)

DSCF3702.jpg

前回、お店の屋根のペンキ塗りをしたのは、2009年のお盆だった。
日記代わりのこのブログで調べられるのは、便利といえば便利。

先日、残っているペンキで塗り始めたのだが、到底間に合わず。

今日は目鼻をつけようと、強風の中、踏ん張る。

DSCF3703.jpg

八割方、達成。
あとは仕上げをすれば良い。
でも、11年前のペンキと今日買ったペンキの色艶が違い過ぎる。
ま、良いことにすんべ。

posted by 山口屋散人 at 18:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

再開の予定

IMG_2589.jpg

本日、そろそろやっているか、とご来店いただいたお客様。
もっと早く当ブログに載せるべきでした。
申し訳ありませんでした。



posted by 山口屋散人 at 12:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

休業している間に

IMG_2574.jpg

IMG_2586.jpg

IMG_2573.jpg

IMG_2587.jpg

4月26日から休業している訳だが、その間に蔦がこんなにも伸びた。

posted by 山口屋散人 at 17:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

懸案の

IMG_2584.jpg

懸案の仕事は数々ある。
その一つが、屋根のペンキ塗り。
とりあえず、昨日は一階部分の屋根を塗る。
ペンキは5年前に買っておいたものだ。
つまり5年間、懸案をずーっと継続していた。

二階部分の屋根は、年齢を考えて、安全ロープ等を
用意せねばならないので、それが出来てから。

それにしても、気温32度を超しているとはツユ知らず。
鼻の先から汗がしたたるわけだ。



posted by 山口屋散人 at 10:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

むざん

DSCF3696.jpg

DSCF3695.jpg

DSCF3699.jpg

DSCF3700.jpg

posted by 山口屋散人 at 10:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ステイホーム

DSCF3694.jpg

ホームステイとステイホームがどう違うか分からんが、
そこいらの里山に出るのは構わんだろうという理屈で
山菜の様子を見に行く。

DSCF3680.jpg

お目当てのコシアブラはこんなもの。
山は特に春が早くはないらしい。

DSCF3688.jpg

なんかイカリソウに遭うのは久しぶり。

DSCF3693.jpg

ウルイはどうだろうと来てみたが、ちょっと小さい。
去年の台風か大雨で沢が流されてしまったらしく
コロニーを形成していた箇所が無くなっている。

DSCF3692.jpg

コゴミはもう大きくなってしまったが、やたらと有るので
ちょっと収穫。
自分的にはこのくらいの方が、おいしいかなと思っているのだが。

posted by 山口屋散人 at 05:48| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

ゆうひ

DSCF0818.jpg

朝な夕なに、荘厳なシーンが毎日繰り広げられている訳だが
人間は当たり前のこととして、たいして気にもせず
暮らしているのだなと、思った。

画像は夕日。
陽のあるうちにワンコの散歩に出ようとしたら、ちょうどにサンセット。
団地の夕日もなかなか味があるものだ。


posted by 山口屋散人 at 03:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする