2020年07月16日

冴えない雑用に忙殺

DSCF3663.jpg

雑用は冴えないものに決まっているが、これなどその極み。
やりたくないと手を付けないでいたが、期限が迫る。

同業組合の決算をしなければならない。
ほとんど無報酬と言ってよい仕事だ。

昨年はこれを機会に、もう一度経理の勉強をと考えたが、
一年経ったら、もう忘れている。
任意団体なので、組合員が納得すれば良いのが救い。
しかし、他の人が書いた帳票は解読が困難を極める。

posted by 山口屋散人 at 06:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする