2020年11月29日

ツレヅレ

PB290410.jpg

気温は低いが風が無いので、心地よいお散歩。
吾妻山が綺麗だ。


PB290414.jpg

函館山です。
左側が立待岬になります。
と言われても、チラ見だとそのまま信じてしまいそう。


PB290420.jpg

用水路に上流の畑から流れてきたリンゴ。
都会の人が見ると、びっくりするだろうな。


PB270408.jpg

思いがけず踏切で足止めをくうと、カメラなんか取り出したりする。
細かく設定する時間は無いので、平凡な絵。


japancup20201129.jpg

三冠馬が三頭出るというので、歴史的なことらしい。
あまり感動はしないが、一応参加。
三着と四着が入れ替われば、ちと儲かったのだが、ま、仕方なし。
赤字でないのは立派。

posted by 山口屋散人 at 17:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

備忘録 赤岩駅近辺

DSCF3763.jpg

DSCF3768.jpg

DSCF3765.jpg

DSCF3774.jpg

前から頼まれていた赤岩駅周辺の案内をしてくることになった。


帰りがけ途中で解散し、黒パン党さんと二人で赤岩駅へと向かう。

DSCF3784.jpg

ホームに立つと、なんと電光掲示板が動いている。
すっかり廃駅になったものとばかり思っていたが、違うらしい。

DSCF3785.jpg

列車が全部停まらなくなって三年半以上も経つ。
しかし、停まらないだけで、駅として赤岩駅は健在だということなのだろう。


大笹生小学校大平分校跡地に出る。
遊具や建物は既に撤去されて、単なる荒地になりつつある。

DSCF3793.jpg

ここで珍しいものを見つけた。

DSCF3790.jpg

山繭(天然の繭)が風にゆれていた。


DSCF3794.jpg

来る時も三匹ほどに遭遇したが、帰りもこの一匹に。
この猿はガードレールに腰をおろしたまま、我々の車を見送った。
そのくらいならばと、降りてカメラを取り出すと、逃走。
逆光のため、写りが悪い。






posted by 山口屋散人 at 17:08| Comment(6) | 福島 | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

単なる年寄りなのよね

IMG_2914.jpg

久しぶりの新幹線。
およそ一年ぶりか。
と、言っても高々15分。
福島ー郡山の間だ。
郡山着7時半、そこからバスに乗り福島方面に向かう。

IMG_2915.jpg

バスの乗客は少ないが、郡山駅自体は激しく動いている。

お店を臨時休業して、この街の病院に行くことになった。

右目が見えにくい。
曽祖父、祖父、親父、の三代に渡って61歳で没したが、
それ以上に長生きしている。
今日は実は誕生日である。
このくらいのことは、しかたがないことなのだろう。






posted by 山口屋散人 at 19:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

信夫支所

PB220404.jpg

昨年四月に戦友の一人を亡くした。
(福島高校陸上競技部23回生で同期生10人の1人)
彼は市役所勤務だったが、最後の職場がここだった。
ここの長を彼は務めた。
地位的には部長相当職だったらしい。

またまた松川近辺をウロチョロした通りすがりに案内板に誘われ寄ってみた。
学習センターと名を変えた公民館は左で、右が支所らしい。

日曜日で休みなので、内部は見られない。
内部に入れば、その規模が分かるのだが、外観から想像する。
思ったイメージとは違った。

市役所支所は、部長相当職、次長相当職、課長相当職とかあるそうだ。

何が学習センターだ、公民館が何故悪いと思いながら、正面玄関を入る。
車を降りて、マスクを付けるのを忘れてきた。
「マスク着用、滞在時間は一時間以内にお願いします」とある。

暮らしにくい世の中になったもんだ、と泉下の彼につぶやいた。

posted by 山口屋散人 at 22:43| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

汚ね

PB170393.jpg

こんな汚いADSLモデムがアマゾンの中古品で4200円。
自宅で使用していたモデムが故障したので、探す。

ヤフオクなら送料別で2000円くらいだが、大概動作確認の物ではない。
この品、タバコのヤニ焼けと思われるが、とにかく動くのを確認済みの
ものであるので、致し方ない。
今更、2〜3万円出して新品を買う気もしない。

23年の一月には完全にADSLが終了するので、考えどころだ。
そろそろ光にすんべかなぁ。

posted by 山口屋散人 at 18:17| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

まただ


DSCF3762.jpg

この交差点、小生の車は直進と左折のレーン。
すぐ右は直進のレーン。
そのまた右は、右折のレーン。

小生の車だけ停止線に着けている。

posted by 山口屋散人 at 18:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

石那坂の合戦

松川町をウロチョロした帰り道。
日暮れまで少し余裕があったので、石那坂の合戦碑を
探すことにした。

車のナビでは出てこない。
スマホのグーグルマップでは「石那坂死戦将士之碑」とある。
ダッシュボードにスマホを置き、これに案内させることにした。

PB160379.jpg

自力ではとてもじゃないが探せない。
まだこの案内杭があるから良いが、無かったらまず無理。
なんとかスマホの案内でたどり着く。
ここから150メートルほど登らなければならない。

PB160382.jpg

急坂ではないものの、車を降りてすぐの登りは息がきれる。

PB160388.jpg

長年、行ってみたいなと思っていた碑にやっとのことでご対面。
でも、やはりこの地で合戦があったとは思えない。

PB160386.jpg

郡長柴山景綱の名が見える。
この人は、三島通庸の義兄にあたり、義弟の権力を傘に好き勝手を
やった人のような印象だが、どうもそうでもないみたい。
他の方のブログを読んだら、ちょっと見直しが必要かなと思った。






posted by 山口屋散人 at 18:16| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

鳥瞰

PB130317.jpg

組合事務所は栄町のビルの8階にある。
7階までは駐車場なのだが、この日は6階にとめた。

PB130319.jpg

一時間半後に戻ると、もうこんな有様だ。

posted by 山口屋散人 at 17:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

托鉢の僧は

家人は家事があるので、店に出てくるのが遅い。

今日は店に着くなり、「托鉢のお坊さんが歩いている」とのたまう。
しかも、裸足にわらじだと言う。
そして「声が素晴らしく良く、立ち姿が美しい」ので感心したそうだ。
小生も外を覗いて歩いている姿を確認した。
確かに様になっている。


うちの店の前に立ったらばどうしようかと言うので、これを喜捨
するようにと500円玉を家人に渡す。
よく山形の檀家の少ないお寺の坊さんが托鉢して歩いていると聞く。


そばを打ち終えてから戻ってみると、やはりお店の前に立ったそうで、
喜捨の返礼なのか「でっかい名刺をもらちゃった」と言う。
そして最敬礼よりも、よくそんなに体が曲がるねという位の
お辞儀をされたそうである。
凛とした若い坊さんで、「足が冷たくないの?」なんて少し話をしたらしい。


でっかい名刺を見ると岩手県にあるお寺の坊さんだった。
店が終わってから、どんなお寺なのか調べてみることにした。

IMG_2904.jpg

IMG_2902.JPG IMG_2903.JPG


何とびっくりしたのだが、このお坊さんだった。


obarasoukan.jpg
posted by 山口屋散人 at 21:00| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

再生計画

DSCF3757.jpg

先日、犬のお散歩に荒川桜つつみ公園に出た。
河川敷に降りて、ありゃりぁと気がついたのだが、コスモスが咲いてない。
ここは多種多様なコスモス畑で、我が家でも狙った花の種を頂いてきたのだ。
どうも、昨年の大雨と台風で、根こそぎ流されてしまったようだ。

PA290266.jpg

PB060289.jpg

DSCF3759.jpg

わが家で咲いている子孫を、来年は蒔いてくる必要がありそうだ。





posted by 山口屋散人 at 06:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

我が家の守り神

PB080296.jpg

PB080305.jpg

PB080308.jpg

全長5,6センチ。
爬虫類の嫌いな家人が、洗濯物を干している時に発見。
悲鳴を上げなかったのは、あまりにも小さいからだとか。

どれどれと、さっそくモデルになってもらったが、迷惑そう。
ヤモリは爬虫類、イモリは両生類。
そして爬虫類は肺呼吸、両生類は皮膚呼吸と覚えている。
ここは乾燥したコンクリート上。

だから爬虫類、ということはヤモリ。
さらに、ということは家守であるから、我が家の守り神。
しかも赤んぼ。

posted by 山口屋散人 at 20:33| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

ありそうで無い再就職

IMG_2898.jpg

溜めているわけではない。
空になれば、脇の屑籠にポイと出来ないので、そこらへんに置く。
それがこうなった。

しかし、捨てるのは何かもったいない気もする。
何かに使えそうだが、コスモスの種入れにしたくらいで
あとは用途が思いつかない。

あっても仕方がないので、今度の燃えないゴミの日に出すつもり。
ん? リサイクル資源ゴミか・・

posted by 山口屋散人 at 07:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

巡礼のたび

IMG_2895.jpg

PB020275.jpg

PB020277.jpg

2日、3日と家事都合のためお休みを頂戴したのだが、小生はヒマ。
なので、宿題を片付ける。

先ずは米沢市の普門院。
工事も終わっただろうと思ったのだが、完成は5年後とか。

未だ雪囲いをしていない銅像を見物。
本堂は工事中で見られなかったが、庫裡を案内してもらった。

それよりも別なことでちょっと感動した。
奥羽線は福島駅から関根駅間は複線なのだが、そこから暫く単線になる。
たまたま普門院参道の窮屈な町民家間の単線を新幹線が走り抜けた。
その時、門の写真を撮っていたのだが、音に気付いて振り向くと新幹線。
正面に戻るとこっちは江戸時代。
何かすごく変な感じがした。
鷹山公も平洲先生も新幹線に腰を抜かすに違いない。

そして今日は画像が無いのだが、二本松市の歴史資料館へ。
丹羽家の家老宅を発掘調査したものが展示されている。
何でだか知らないけど、お金なんかも埋まっているんですな。
一分金が二枚と鐚銭多数。

あとはとりあえず、宮畑遺跡のジョウモピアを残すのみ。

posted by 山口屋散人 at 18:48| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

餓島

PB010272.jpg

PB010273.jpg

大正9年生まれの母は、戦死した同級生の男子の大半が餓島で亡くなった
とよく言っていた。


あだたら高原美術館AOという所で、ガダルカナル島の戦争遺跡の展示
があるとの新聞記事を読み、訪ねてみた。

日本陸軍の銃剣(バヨネット)というものを初めて見た。
水筒の銃弾跡、貫通跡も、現世では表現の言葉が見つからない。

展示の中に県内各地の亡くなった英霊の姓名、所属、階級、出身市町村等の
書かれた新聞のコピーも展示されていたのだが、発行日と新聞社名が読み取れない。
館内の女性に聞いてみたのだが、あいにく担当不在で不明とのこと。

それには例えば福島市であれば何町出身まで書かれていたのだが、近所周辺
の名をあたっても、特定できるような姓名は見つけられなかった。

(開館は金、土、日のみ)







posted by 山口屋散人 at 04:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする