2020年11月12日

托鉢の僧は

家人は家事があるので、店に出てくるのが遅い。

今日は店に着くなり、「托鉢のお坊さんが歩いている」とのたまう。
しかも、裸足にわらじだと言う。
そして「声が素晴らしく良く、立ち姿が美しい」ので感心したそうだ。
小生も外を覗いて歩いている姿を確認した。
確かに様になっている。


うちの店の前に立ったらばどうしようかと言うので、これを喜捨
するようにと500円玉を家人に渡す。
よく山形の檀家の少ないお寺の坊さんが托鉢して歩いていると聞く。


そばを打ち終えてから戻ってみると、やはりお店の前に立ったそうで、
喜捨の返礼なのか「でっかい名刺をもらちゃった」と言う。
そして最敬礼よりも、よくそんなに体が曲がるねという位の
お辞儀をされたそうである。
凛とした若い坊さんで、「足が冷たくないの?」なんて少し話をしたらしい。


でっかい名刺を見ると岩手県にあるお寺の坊さんだった。
店が終わってから、どんなお寺なのか調べてみることにした。

IMG_2904.jpg

IMG_2902.JPG IMG_2903.JPG


何とびっくりしたのだが、このお坊さんだった。


obarasoukan.jpg
posted by 山口屋散人 at 21:00| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

再生計画

DSCF3757.jpg

先日、犬のお散歩に荒川桜つつみ公園に出た。
河川敷に降りて、ありゃりぁと気がついたのだが、コスモスが咲いてない。
ここは多種多様なコスモス畑で、我が家でも狙った花の種を頂いてきたのだ。
どうも、昨年の大雨と台風で、根こそぎ流されてしまったようだ。

PA290266.jpg

PB060289.jpg

DSCF3759.jpg

わが家で咲いている子孫を、来年は蒔いてくる必要がありそうだ。





posted by 山口屋散人 at 06:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする