2008年07月21日

二千米の空気

DSCF1478.jpg DSCF1479.jpg DSCF1480.jpg

逢いはじめると、幾度となくお目にかかるもの、サル。
10匹を越える集団は、今年初めてなのだが、橋の上に
いるとは思わなかった。
カメラを取り出すのに手間取り、親子猿などを撮り損なう。
この集団、子猿が多く、「まだ行かないの?」というように
ちょこちょことこちらを覗くのがご愛嬌。

DSCF2514.jpg

本日は家人を伴って、二千米を超える処に行ってきた。
この画像は標高2005米の岩の上である。
先日、久しぶりに会った親戚に、死んだ親父に似てきたね、と
言われたのだが、なんかそのようにも写っていると感じる。
親父の死んだ歳まで、あと5年。

DSCF1482.jpg

二千米を超える処に行ってきたと言えば、それなりだが、
なに大半はインチキ。
ロープウェイとリフト3本で1820米地点まで運んでくれる。
家人はリフトに乗るのが初めてだったそうだ。
ともあれ、一人3000円は高け〜ョ。
でもそんなもんかも。
posted by 山口屋散人 at 21:51| Comment(1) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分前ですが、私も友人と人形石まで行きました。
高山植物の撮影に夢中になり過ぎて時間を忘れ、
最終のリフトに間に合うように駆け足で下山したことを思い出しました。
Posted by TUKA at 2008年07月23日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。