2005年12月10日

珍記録?

みぞれ交じりの悪天候。
こんな日に蕎麦なんて売れないよなぁーと数を減らして打つ。
まあ、ラーメンの日になるか・・・
何でもいいや、売れりゃ。・・てな調子。

開始早々、ラーメンの大盛りのお客さん。
見かけない人だが、迷わず注文するところは・・?

注文を中に通すと家人がニヤリとする。
「読んだ・・のか?」
「読んだ」
まさにピッタリの感じ。

驚いたことに、これが本日の最初にして最後の
ラーメンだった。
つまり今日は、ラーメンはこの1個しか出なかったのだ。
珍記録が生まれた日になってしまった。

norareko2

何が売れたって?
今日は「メシア」じゃない「飯屋」だった。
知らないお客さんが多く、何を注文するのかなーと
待っていると、みんな「飯」
飯類は全部出たかんじ・・

お客さんにかわりはない・・と言うのは偽善者と
松下幸之助にまかせておくことにして
いつものお客さんに感謝。

posted by 山口屋散人 at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その日は須賀川に行きましたので、福島まで脚を延ばして大盛りを注文したならば2杯目でしたね(笑)。
私がお世話になっている大井町の『ミニ亭』は、寒くなればなるほど味噌が出るんだそうです。
寅パパが注文するのは、相変わらず『味噌タンメン』。白菜の芯の部分がシャキシャキとなんとも言えません。
Posted by 寅パパ at 2005年12月11日 18:08
ほーほー、須賀川までですか。
慣らし運転には丁度良いかも、ですね。
Posted by 散人 at 2005年12月11日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック