2008年10月02日

ファミリーの一員

dc74.jpg 1877.jpg

この車が我が家にやって来たのは平成の3年である。
それから、17年の歳月が過ぎた。

17年の歳月は重くて永い。

我が人生の中の中盤の17年をこの車と共に走ってきた。
まだ小さかった我が家の子供達も皆この車のお世話になった。
良いことも悪いことも乗せて、共に生活してきた名実ともに
ファミリーカーだったわけである。

そんな車もついに別れの時が来た。
昨日、赤の他人に運転されて、我が家を去っていった。

文句も言わず、長年黙々と働いてくれた農耕の馬か牛が
涙を一粒こぼして、引かれていったような気がした。
posted by 山口屋散人 at 23:05| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
17年・・・
自分だったら別れの場面で泣きそうです。
Posted by まるみや at 2008年10月03日 23:36
家族のたくさんの思い出とともに、記憶の中に存在し続けることでしょう。
Posted by サニパン at 2008年10月04日 08:05
まるみやさん、サニパンさん、
コメントありがとうございます。
Posted by 散人 at 2008年10月04日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。