2008年10月14日

なしてこだに人がいるだ

DSCF2641.jpg DSCF2642.jpg DSCF2643.jpg

仙台での親戚の結婚式に出る。
バスか新幹線か迷ったが、バスの自由の利かない閉塞感が
嫌いなので、新幹線を選択。新しくW切符なるものが発売
され(4500円)思ったよりも安く済んだ。
しかし、新幹線を待つ福島駅での僅か10分足らずの時間で
轟音と共にハイスピードで通過する列車が二本もあった。
(県庁所在地とはいえ、福島はそんなに田舎町なのかぇ)

久しぶりの仙台。
「なんでこんなに人がいるんだ!」と驚く。
時間に余裕があるので、ヨ●バシカメラを覗きに行くも
人混みと暑さで頭が混乱し、早々に退散。
流行の小型PCを見たが、小生はいらねぇ。

DSCF2646.jpg DSCF2652.jpg

式場は全天候型の能舞台のような造りで思わず「何だこりゃ」
と言うか「ほー」と感心した。
披露宴会場は、クラッシック調の部屋で、これがこのホテルの
コンセプトのようだ。
(入り口が裏口のようで、オラ迷っただよ、モントレさんよ)

DSCF2669.jpg

夕方からの披露宴を終え、そのまま真直ぐに帰福。
ぶらぶらと久しぶりに駅前から歩く。
稲荷神社の秋祭りは後片づけにはいり、大量のゴミ。
「祭りは終わった」を実感。
ところで、このゴミの処理は、市の回収車で?
posted by 山口屋散人 at 06:43| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありゃ。仙台に来てたんですね。
それにしても駅すごい混んでますね。
普段はそんなに人はいないんですけど。
たまたまイベントをやっていたのでしょうか。
Posted by まるみや at 2008年10月14日 21:31
駅中ではどこかの女子高?のオーケストラが演奏してましたが、
ぺディストリアンデッキちゅうのかコンコースというのか、
いっぱいでしたね。
あまりに都会的になりすぎて、
もう広瀬川慕情の仙台ではないようで・・

小生の時代の仙台は、日本三大ぶす都市の一つと
言われておりまして、本当にぶすが多かったものです。
ちなみにその当時、我が女房どのは仙台の大学に行っておりました。
今はきれいな姉ちゃんがけっこういますな。
みんな同じ化粧みたいですけどね。
Posted by 散人 at 2008年10月14日 21:55

そうですか。稲荷神社の秋祭りは終わりましたか。

小生はもう40年も稲荷神社の秋祭りには行ってません。

これから福島はもう晩秋から初冬にむかいますねえ。

吾妻山の初雪はいつ頃でしたっけ?
Posted by skanno at 2008年10月15日 16:43
稲荷神社の例大祭も昔のように9,10,11日ではなく、体育の日を含む土日月となってしまい、有難みがいまひとつになってしまいました。神事も人様の都合でかわるようです。でもそれは表向きで、神社としては例年通り、9,10,11に神事を行うので、二度手間になるという話を聞きました。
ま、大半の人は、自分もそうでしたが、稲荷神社を中心とした大露天商市みたいに思っていますしね。
お祭りじゃないと、昔はたこ焼きが食えませんでしたしね。今はたこ焼きに不自由しないので、小生もここ3年ほど近くなのにのぞいてもいません。

吾妻山はまだ初冠雪は観測されてないと思います。
だいたい朝起きると浄土平のライブ映像を見て、天候を予測しているのですが。

http://www.comcom-fukushima.jp/hpman/etc/jododaira/jododaira.html
Posted by 散人 at 2008年10月16日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。