2004年11月20日

一枚の写真?

既に語り尽くされた感のある万世大路だが、未知の部分もある。

昭和8年から11年にかけてのいわゆる昭和の大改良、資材物資の運搬路が山中に造られた。
杜撰な図上での計画であったらしく難航を極めたのは、
いつの世にもあるエライさんの思いつき独りよがりか?

一枚の写真が残されている。
山中深く100米もの切り通しを切削した現場写真である。

kiridosi

トロッコに乗って笑顔の写真だが、この場所がどこにあるのか、
そういう思いのメンバーが集まり、探索隊が結成された。
明日、出発である。(メンバーは各県からで数名規模)

小生、明日は所用があるので、残念ながら参加できない。
しかし、早朝のサポートには参加する。(行きてぇ〜)
posted by 山口屋散人 at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サポート隊長様、お疲れさまでした。
今回の探索も大成功のうちに無事終了したようで何よりでした。

私もサポートに参加できて、ささやかな充実感を感じております。
Posted by sunnypanda at 2004年11月21日 16:52
昨日深夜に会津から帰ったもんで、今日の午後になってから成功を知りました。我々が生きている姿を見た、最後の人間にならなくて(笑)よかったですねー。
Posted by 散人 at 2004年11月22日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック