2008年12月21日

信夫山うろうろ

いまいち二歳馬のG1なんてやる気がせんので、信夫山にお散歩。

お散歩しに車で行くというのも、何か違うような気もするが、
そこはそれ、時間の節約ということで車でブ〜ン。

   猫

いつものようにヤブに入る。

DSCF2822.jpg

コシアブラの芽はもう来年の準備が始まっている。
いいのかな、ちっと早いんじゃないだろうか?

DSCF2825.jpg

無目的にヤブに突入したのだが、思わぬものを見つけた。
去年の3月に探しても見つからなかった金鉱山の跡。
金竜口というたぬき掘りの跡である。
入り口の幅は2間くらいだろうか。
しかし、こんなに中腹にあるとは思わなかったし、ここじゃ、
発見し難いかもと言う場所だった。

下まで降りて、七曲坂を登り車まで戻ることに。

六供集落の下に出ると薬王寺の墓地の下に僅かながら畑がある。
今まで気が付かなかったが、こんなものがあった。

DSCF2828.jpg

雨水をためる装置である。
よく見渡すと規模こそ違え、同様のものがあちこちにあった。
posted by 山口屋散人 at 17:27| Comment(1) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金竜口でなくて、金竜坑、そしてここは金竜坑北口というのが正解みたいです。
Posted by 散人 at 2008年12月23日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。