2009年04月10日

通りを歩食(アルクウ)だって

DSCF0098.JPG

「シティ情報ふくしま」というタウン誌がある。
そこに白黒2ページだが、「通りをアルクウ」という連載がある。

今月末に出される5月号に、当商店街が出るそうだ。
で、当店にぜひ取材をという話が先週あった。
あまり乗り気になれないのだが、食べ物屋さんを一軒は出したい、
とのたまう。当商店街には考えてみると適当な物件がない。
仕方がないから、隅っこに小さくね、とお願いして承諾。

昨日、取材を受ける。
大学生のノリを濃厚に持つ取材者だったが、なかなか鋭いことを
言い、返答に窮することもしばしば。

漠然、漫然と考えてばかりいると、言葉に変換する時に困る。
そういう意味では、錆落としにちょうど良かった。

変な記事でないことを希望しますぞ。
posted by 山口屋散人 at 17:37| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、福島駅から信夫山の宴会場まで歩いてみました。
山口屋さんはこの辺なのかな?なんて思いながら・・・。
13時ちょっと前だったかしら? ランチを終えたリーマンの帰社の人数に驚かされながら・・さすが県都だぁー。

「シティ情報ふくしま」観てみます!!
ワクワク
Posted by 流生 at 2009年04月13日 00:19
こっちは先日、白河に行きまして、車の多さと町の変わりようにびっくりしてまいりました。
なんとかというSCの巨大さにはまたびっくり!
流生さんのお店はその向かい側にあるとあとでT商事のN君に聞きました。
30年ほど前、一年間ほど白河市を走り回ったことがあるのですが、別の町になってしまいました。
Posted by さんじん at 2009年04月13日 03:34
そうだったのですかぁ 青春時代ですねぇ
30年ほど前この場所は、「白棚線」と言う国鉄バスの専用道路でした。戦争で鉄需要のため、電車線路を撤廃した道なんです。
開店当時は、田園風景の中のひなびたそば屋だったのですが・・・
今は、当店からの右折が容易ではなくなってしまいました。
賑やかな田舎町で、借金のために日夜年中無休で頑張っていますル。(涙

そう!信用金庫のために!!
この今の生活を「心筋梗塞」ならぬ「信金拘束」と呼んでいます。
Posted by 流生 at 2009年04月14日 01:38
信金拘束とはオモシーですね。
そういうの集めて、広報誌のお遊びにどうですかね?
Posted by さんじん at 2009年04月14日 15:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。