2006年01月19日

恩師?

高校時代の恩師が奥様と一緒にご来店。

kainotiti1

と言っても本当の恩師ではない。
高校同期の会の酒飲みになると、恩師に昇格するのである。

なぜ昇格するのかというと
皆、この御仁のご尊顔(ご尊頭?)を拝するに
あまりに畏れ多く、その御威光にひれ伏してしまうからである。
このような畏れ多い方が同期生であるわけがない。
きっとこれは恩師の化身に違いない・・という訳であるのだ。

去年など名称のかわった元女子高で講演などもしたそうだ。
呼ぶ方も引き受ける方も、何か勘違いしていたに違いない。
その様子がこともあろうに地元紙に写真付きで載った。
久々にお目にかかるそのご尊顔に、ただただ心打たれ
話を聞かされる高校生のことを思い、胸がいたんだ。


この頃はブログなどにも進出し、一億総ブログの先駆け
たらんとしている。
でも、つまらんので誰も行かしませんのどす。 → ここ



posted by 山口屋散人 at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜、鏡に映る立派な「照頭」は先輩ではありませんか、向かいにはなんと奥様。

現在は「天下の素浪人」ともうされますがご、いやいやなんと、尊顔を拝し奉り、恐縮至極にござります。
散人様の恩師とは知りもうしませんでした。
てっきり「下駄の会」のお仲間と思っておりましたものを・・・・・。

ところで、こないだは焼き鳥、ごっつおう様でした。
Posted by 「恩師」の後輩のヒゲとはさみ at 2006年01月19日 09:00
どこかでお目にかかったような・・・。
上海でも一緒に蟹を食べたような・・・。
先日も泊めていただいたような・・・。

でもイイなぁ、
頻繁に散人さん手作りの美味しいラーメンを食べれるなんて。
うらやましいなぁ。
Posted by 寅パパ at 2006年01月19日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック