2009年05月28日

負けいくさ

六部 (1).jpg  六部.jpg

「昭和12年11月 福島消防組第六部新築記念」とある。
ヤフオクに出品されていた絵葉書だ。
子供の時にはこんな屯所だったような記憶があるし、先ごろまで
小生が所属していた消防団第二分団は、戦前は第六部といってい
たはずである。

画像を保存して、早速PCを持ち込み、近所の元副分団長(81歳)
を訪ねた。
はたして馬頭観音の境内にあった第二分団の前身であった。
画像の鉄骨造りの火の見やぐらは、戦時中に供出されてしまったという。

オークションの始値は2000円であった。
元副分団長が欲しがった。
多分、この金額で落ちるだろうと予測した。
こんなものにマニアがいるとは思えなかったので、それじゃ、
落としておきます、と請け負った。

ところが終了間際に強力なライバルが出現した。
「大正生まれの老兵」とプロフに書いてある。
ヤバイ・・どんどん値が上がっていった。
すでに請負金額の上限を超えている。
この機会を逃せば、まず入手困難であろう。でも・・

これで最後と5000円で入札。一応最高額入札者になる。
それでも・・ひっくり返されてしまった。

画面キゃプチャー00082.jpg

調べてみると、絵葉書の収集家のようだ。
そして福島関連のが多いので、在住者か出身者なのだろう。
だけど、こっちに譲ってほしかったな〜。ざんねん。
posted by 山口屋散人 at 23:44| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
散人さん 先日はお世話になりました。 同業者の集い楽しめましたか?
私くしめ、再びお酌に廻ろうと気にはしておりましたが、、、
大会決議の壇上で「外し」まして(この年で照れが邪魔して・・・知事に笑われました シュン・・・ 二度とやらねぇ)を笑って下され

そんなこんなで、苦手な作業を終えても緊張を引きずりながら、支部の部屋で深酒泥酔爆睡の有り様でした。
いつの日か、小生にも余裕と気配りが出来た暁には「貴支部の部屋への差し入れならぬ我が寝酒持参での泥酔爆睡」を企んでおります。はい
Posted by 流生 at 2009年05月29日 01:47
そうそう
小生も白河の昔の絵はがきをオークションで落札すること数点
市の広報誌に何度か掲載されました。
欲しいものは欲しいですよね 
でも、「白河」では、落札者の競合はありません。さすが県都
Posted by 流生 at 2009年05月29日 02:08
おやおや、式典ですべっちゃったの?
小生、ただの員数あわせ要員でしたので、宴会に間に合うように
出張っただけでしたので、ちっとも知りませんでした。
でも、
他の誰も流生さんがスベッタなんて言ってませんでしたよ。
部屋では小生もメンバーに恵まれなくて?泥酔一歩手前まで行きました。
翌日は「このタ〜ゴ!」と女房にののしられました。
Posted by サンジン at 2009年05月29日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。