2006年02月10日

ほぃ来た!

「いなにwわぁ・・」
ありゃりゃ、またかいな・・とつい思う。

最初に言われたのは10年ほど前だろうか。
何を言われているのか理解できなかった。
お客さんの指差す方向で、あぁこれか・・とは
思ったが、返答に詰まったものだ。

inaniwa

確かに「いなに」とは読める。
だから稲庭うどんと連想してしまうのだろう。

漢字読みの間違いを指摘しても仕方がないので
「あー、それはアブラゲそばのことです」とか
「キツネそばのことです」と言うようにしている。

面白いことに間違ったお客さんはそれを
注文しないでほぼ100%別なものにする
posted by 山口屋散人 at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いなり=稲荷鮨

きつね=あぶらあげのそばorうどん

をイメージしますね。

稲荷そば・・・・ふ〜mむ?一発できつねそばをおもいうかばないかも。
Posted by ヒゲとはさみ at 2006年02月11日 17:55
ははぁ、やはり「稲荷そば」というのは
死語になりつつあるのですかね?
小生は育ちがこの世界ですから、当り前の
ように感じているのですが・・

そう言えば、稲荷神社の賽銭箱によく上がっていた
「油揚げ」を最近は見ないかも・・ネ。
Posted by 散人 at 2006年02月11日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック