2009年12月26日

今年の有馬は変だぞ〜!

ま、有馬記念はいつも「有え馬せん」みたいな結果になっているから
何があってもビックリしてはいけないレースだ。

今年は秋の天皇賞とジャパンカップの上位の馬がぞろっと居ない。
つまり古馬はカスばかり。昔の名前で出ているような馬ばかりだ。
だったら三歳馬でいいじゃん、ね。
しかも16頭のうち三歳馬は7頭もいる。
なんだかワンツーは三歳馬で、三着に申し訳ていどに、例えば
FマツリダゴッホとかHドリームジャーニーあたりが来そうな気がする。

では、三歳の何だ?
一番人気はAブエナビスタだが、降着というケチがつくとその後は
どういう訳かアカンち。勝つまではいかないと判断。良くて2着。
大体、三歳牝馬が一番人気とは非常識というものだ。

三歳牡馬のG1馬は三頭いる。
@アンライバルド Iスリーロールス Mセイウンワンダー
敬意を表して、この三頭の馬単ボックスを200円ずつ。

この三頭のうち、一頭を選択するとしたら、好みは@アンライバルド。
この馬から他の三歳馬に200円ずつ馬単で流し勝負。
てなことで、以下の通りの買い目になりました。
(ここ数年有馬記念は当たったことおまへんけど)

00355.jpg
posted by 山口屋散人 at 22:50| Comment(2) | けーば | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
散人様:

お疲れ様です。

うっはっは。
「ありぃまぁ?」でした。
やはり追いかけていないと勝てませんね。

寅パパ的な有馬は、
第32回のサクラスターオーで一瞬止まり、
最後に獲ったのは、
第38回のトウカイテイオーでした。

ならば「当たるまいぃ!」って感じですね。

「草」が邪魔してTVではコメントが無かったけど、
長い間いわきで療養していた、
そのテイオーが勝った瞬間は忘れられません。
お見舞いに行ったあの日が懐かしいです。

4−13で3290円。
嬉しくて涙が止まりませんでした。

ちなみに・・・。

「菊の季節に桜が満開!」
桜のように美しく、
星のように輝いて、
王のように誇り高く。

こちらも記憶に残る名馬です。

寅パパ
Posted by 寅パパ at 2009年12月28日 21:52
いや、参ったなぁー!
謎問答ですね。うぅ〜ん!

「菊の季節に桜が満開!」
桜のように美しく、
星のように輝いて、
王のように誇り高く。

桜星王ですかね?
皐月賞馬がブランクがあって、菊花賞馬になったんでしたね。騎手は誰だったかな? 小島太かな。
東シンジかな?

小生の記憶に残る名馬はトウショウボーイです。
府中の競馬場で新馬戦を見てました。
当時、隣の調布市に住んでました。
Posted by 散人 at 2009年12月29日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。