2010年01月18日

白鳥は哀しからずや空の青・・

一日パジャマ姿で過ごしそうなので、ちょっと外に出る。
岡部の白鳥公園を対岸から見るとどうなのか、気になっていた。

P1170264.jpg

昭和62年?の水害で新たに造られた排水溝(左岸西側)に意外や白鳥が・・

P1170266.jpg

掃き溜めにツル? いや掃き溜めにハクチョウ・・!!
しかも、不味そうに草など食っている。

AP1170266.JPG

そうかと思うと、孤高のツガイもいる。

P1170284.jpg

ついこの間まで、ハクチョウさんの餌を募集していたのに、手のひらを
返したような冷遇ぶり・・
いったいどちらの方策を信頼していいのだろうか、素人は困るし、
今までは何だったのか、という不信感もある。

P1170292.jpg

夕方の帰り道。 ハクチョウの数が増えていた。この掃き溜めにだ。

P1170295.jpg

「空の青うみのあをさに染まず漂よう」のでは無く、
苦界に身を沈めているようにさえ見える。

「白鳥は哀しからずやパトロンの都合に依りて餌に苦しむ」
posted by 山口屋散人 at 00:12| Comment(2) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも目先の事態に振り回されている行政の哀しさが見えてきます。
少しでも何事か起きれば、必要な対策を怠ったと大声を上げる偉い方が必ず出てきますし。
何も知らない白鳥や鴨は被害者なんですね。

写真を撮ろうと長い時間粘っていると、段ボール箱に山ほど餌を持ってきて与えている方に時折お会いします。
鳥たちは嬉しそうです。
Posted by サニパン at 2010年01月18日 20:38
実は「何か持ってきてあげようよ」と女房が言い出す始末。
一応ルール違反だし・・今日だけというのは、マズイし・・
思いがけない鳥インフルの恐れ云々・・と言ったところで
一般庶民としてはどうしていいのか分かりませんね。

庶民感情として書きましたが、詳しく調べたわけでは
ないので、いささか無責任かも知れませんが、
白鳥さんの「こんなはずでは?」なんて声が聞こえそうです。
Posted by 散人 at 2010年01月19日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。